読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

総文祭写真部門、最優秀賞に3点

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 和歌山県で開催中の第45回全国高等学校総合文化祭「紀の国わかやま総文2021」(読売新聞社特別後援)で、写真部門の最優秀賞3点に、岩手県立黒沢尻北高の 谷地星やちあかり さん(3年)、神奈川県立川崎北高の倉内 萌実めぐみ さん(3年)、同高の宮川友里菜さん(2年)の3人の作品が選ばれた。同じ学校の生徒2人が最優秀賞を同時受賞するのは珍しい。

作品の前で同時受賞を喜ぶ倉内さん(右)と宮川さん(和歌山県橋本市で)
作品の前で同時受賞を喜ぶ倉内さん(右)と宮川さん(和歌山県橋本市で)

 写真部門には全国から約300点が出品され、谷地さんは最優秀賞のうち文部科学大臣賞、川崎北高の2人は文化庁長官賞を受けた。

 2日に会場を訪れた川崎北高の2人は「カメラに触れる回数をもっと増やし、撮れる作品の幅を広げたい」などと意気込みを語った。倉内さんの作品は、昨年5月に家中を掃除した際に撮影。開け放した玄関の外に出された姿見に、休憩中の母が映り込む様子をとらえた。宮川さんの作品は、みなとみらい駅(横浜市)で、スマートフォンを手に一人でホームに座る女性を撮影。好きな人からの返信を待つ恋模様を想像したという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2256225 0 ニュース 2021/08/02 23:23:00 2021/08/03 10:30:02 2021/08/03 10:30:02 作品の前で受賞の喜びを語る倉内さん(右)と宮川さん(橋本市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210803-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)