読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

総文郷土芸能部門始まる…15校が和太鼓や伝承芸能披露

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

総合開会式では、紀北農芸高校、海南高校美里分校、きのかわ支援学校の和太鼓部が力強い太鼓の音を響かせた(和歌山市で)
総合開会式では、紀北農芸高校、海南高校美里分校、きのかわ支援学校の和太鼓部が力強い太鼓の音を響かせた(和歌山市で)

 和歌山県で開催中の第45回全国高等学校総合文化祭「紀の国わかやま総文2021」(読売新聞社特別後援)の郷土芸能部門が3日始まり、15校が和歌山市の多目的ホール「和歌山ビッグホエール」で和太鼓や伝承芸能を披露した。新型コロナウイルスの影響で会場定員を半分に抑制しており、隣接する建物でパブリックビューイング(PV)も行われた。

 りら創造芸術高校(和歌山県)の生徒による和太鼓の演奏がトップバッターを飾った。五所川原第一高校(青森県)は三味線を響かせ、広島県立加計高校芸北分校は神楽「 八岐大蛇やまたのおろち 」を披露。大蛇が舞台上をはい回りうごめく様子を大迫力で表現し、会場を沸かせた。

 PV会場のスクリーンで鑑賞した和歌山県紀の川市の女性(82)は「高校生たちが頑張る姿に力をもらえる」と話した。

 同部門は5日まで行われ、計58校が参加する。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2258655 0 ニュース 2021/08/03 19:53:00 2021/08/03 19:53:00 2021/08/03 19:53:00 総合開会式では、紀北農芸高校、海南高校美里分校、きのかわ支援学校の話題鼓舞が力強い太鼓の音を響かせた(和歌山市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210803-OYT1I50184-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)