読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「影響力高い」論文数、日本はインドに抜かれ10位…中国が米抜きトップに

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自然科学の研究で多数の研究チームが引用する質の高い論文の数で、中国が初めて世界1位となったことが10日、文部科学省科学技術・学術政策研究所のまとめでわかった。中国は、昨年の集計で、論文の総数でも初めて米国を抜いて首位に立ったばかりで、大規模な研究開発投資を続ける中国の躍進が目立つ結果となった。昨年9位の日本は、インドに抜かれて10位に落ちた。

文部科学省
文部科学省

 同研究所は毎年、前々年までの3年分の論文について、国・地域別の年平均数と順位を算出し、公表している。今回は、2017~19年の年平均数を調べた。その結果、引用数が上位10%に入る質の高い論文は、中国が4万219本で、米国の3万7124本を上回った。日本は3787本の10位で、10年前の5位から下落傾向が続いている。

 中国は今回、論文総数でも首位を守った。19年だけで約54兆円の研究開発費を投じるなど、投資規模は米国以外を圧倒している。質の高い論文が増えている背景には、研究力の向上に加え、中国人留学生の増加により、米国の研究機関と共同で論文を出すケースが多くなったことなどがあると、同研究所はみている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2274468 0 ニュース 2021/08/10 17:00:00 2021/08/10 19:29:32 2021/08/10 19:29:32 文部科学省、文化庁、スポーツ庁。東京都千代田区霞が関で。2020年11月8日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210810-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)