小池知事、パラ学校観戦「より安心安全な形で準備」…教育委員は全員反対

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

小池都知事
小池都知事

 東京パラリンピックで児童生徒が競技を観戦する「学校連携観戦プログラム」について、東京都の小池百合子知事は19日、報道陣に対し、「より安心安全な形にできるように準備を進める」と、実施する方針を改めて示した。

 一方、18日夜に開かれた都教育委員会の臨時会では、5人の教育委員のうちオンラインで出席した4委員の全員が「テレビ観戦でも教育効果はある」「今からでも方向転換すべきだ」などと、反対意見を表明した。観戦の実施に委員の議決は必要ないが、教育庁担当者は「各委員からの懸念を受け止めて準備を進めたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2298582 0 ニュース 2021/08/19 20:01:00 2021/08/19 21:01:31 2021/08/19 21:01:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210819-OYT1I50145-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)