読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】全国の高専入試、最寄り会場で…移動に配慮し経済的負担も軽く

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国立高等専門学校機構は、来春入試から、受験生が居住地の最寄り会場で全51校の国立高専を受けられる制度を本格的に導入する。新型コロナウイルスで都道府県を越えた移動に対する懸念への対応と経済的な負担の軽減で、中学生が高専受験に挑戦しやすくする。

 各高専は、工業や建築、化学分野などで独自色のある教育を行っており、受験生は興味のある分野を学ぶため、遠くの高専を選ぶこともある。これまでもテスト内容は共通で各校は、都市部などに学外会場を設けてきたが、希望校の会場がなければ、泊まりがけや多額の交通費を使って受験せざるを得なかった。

 今年2月の入試では、コロナ禍で都道府県を越えた受験が難しくなり、同機構が対応を検討。試験的に高専47校と大学、ホテルなどの計63会場で、47校の試験を受験できる制度を実施。志望校以外の最寄り会場で計57人が受けた。

 新型コロナの感染状況は落ち着きをみせるが、冬場に再拡大の可能性もあり、来年2月の入試では、全51校の試験を全国計80会場で受けられるようにする。

 富山高専(富山県)では、今年の入試で北海道や千葉、福岡県など8会場で10人が受験。語学教育に力を入れる「国際ビジネス学科」があり、受験生からは「近くで受験できて経済的に助かった」との反応があった。

 高専の総定員は9360人で、寮完備で15歳から5年間、専門的な学びを提供する。高専全体の求人倍率は約20倍に上り、大学への編入学もある。

 国立高等専門学校機構の担当者は、「受験生や保護者の負担を減らし、各地の特色ある高専に多くの中学生にチャレンジしてほしい」としている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2468668 0 ニュース 2021/10/25 15:00:00 2021/10/25 15:00:00 2021/10/25 15:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)