「宣言」中の卒業式前日、校内で教員ら11人が飲み会…そのまま校舎内に宿泊

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 愛知県弥富市の県立海翔高校(加藤祥二校長)の教員11人が昨年2月、校内で飲酒を伴う飲み会を開いていたことがわかった。新型コロナウイルス対策の国の緊急事態宣言の期間中で、卒業式の前日だった。県教育委員会は「校内での飲酒は問題だ」とし、事実関係を調査している。

国内で新たに2万4904人コロナ感染…都内の1週間平均は前週の1・5倍に

 県教委や加藤校長によると、昨年2月28日に宿直の教員2人を含む計11人が会議室で飲酒し、そのまま校舎内に宿泊した。3年の担任はおらず、1~2年の担任らが参加したという。

 今年1月、加藤校長に情報提供があり、教員に聞き取り調査をしたところ事実を認めた。加藤校長は「本当にショックだ。学校全体でしっかり反省し、今後このようなことがないようにしたい」と話している。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「教育・受験・就活」の最新記事一覧
2802320 0 ニュース 2022/03/02 14:11:00 2022/03/02 14:11:00 2022/03/02 14:11:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220302-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)