復帰50年の沖縄を特集、KODOMO新聞と中高生新聞を県内全校に寄贈

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 読売新聞社は、沖縄の本土復帰50年に合わせ、沖縄の歴史や文化を特集した読売KODOMO新聞と読売中高生新聞計約23万部を、沖縄県内全ての小中高校、特別支援学校と教育委員会などに寄贈した。同県西原町の坂田小では17日、新聞を使った授業が実施され、児童が記事を読みながら復帰について考えた。

沖縄、平和つなぐ…本土復帰50年「慰霊の日」
沖縄を特集した読売KODOMO新聞を使って行われた授業(17日、沖縄県西原町の坂田小で)
沖縄を特集した読売KODOMO新聞を使って行われた授業(17日、沖縄県西原町の坂田小で)

 授業は6年1組で行われた。児童25人がKODOMO新聞から復帰に関連する記事を探して目を通し、分かったことや疑問に思ったことを発表した。男子児童(11)は「初めて知ったことが色々あった。どうやって復帰することになったのか、もっと勉強したい」と話した。

 KODOMO新聞は県内の全小学校(特別支援学校を含む)280校と教委など55か所に計約12万部、中高生新聞は全中学校・高校(通信・特別支援学校を含む)247校と教委など55か所に計約11万部を寄贈。沖縄への輸送は航空貨物輸送会社「ANAカーゴ」(東京都)と輸送会社「ケー・アールライン」(神奈川県)の協力で実施された。

沖縄復帰50年、特集と最新ニュース
沖縄復帰50年
スクラップは会員限定です

使い方
「教育・受験・就活」の最新記事一覧
3007482 0 ニュース 2022/05/17 19:12:00 2022/05/17 19:32:52 2022/05/17 19:32:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220517-OYT1I50115-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)