デジタル教科書使った授業、中学生ら4割で「目の疲れ」…「昼間に眠く感じる」も4割

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 文部科学省が2021年度、全国の4割の小中学校で行ったデジタル教科書の実証事業の結果をまとめた。2~4割の児童生徒が授業後に目や首、肩などに疲れや痛みを感じていて、健康面への影響が明らかになった。

 24年度のデジタル教科書の本格導入を目指す文科省は昨年度、約1万2200校で実証事業を実施。21年10月~22年2月にデジタル教科書の使用状況や効果、課題などのアンケート調査を行った。小中学生約6万5000人、教員約3万6000人が回答した。

 調査によると、デジタル教科書や学習用端末を使った授業の後、目や首、肩に疲れや痛みを感じたのは、小学校低学年で2割以上、「目の疲れ」は3割近くに上った。中高学年と中学生では4割前後が疲れや痛みを訴えた。いずれも4割が「昼間に眠く感じる」と答えた。

 一方、教員が授業でデジタル教科書を使う割合は低く、5割超の教員が「使わない週もある」と回答。「週に60分より長い」は2割弱にとどまった。

 学力向上との関係も調査した。埼玉県独自の学力調査で、小学校2校の同じ児童を対象に小5(19年度)、小6(20年度)時点の調査結果を比較した。

 学力調査は、小学生で国語と算数が出題され、問題の難易度に応じて学力を高い順に36~1で数値化している。対象児童のうち、授業で主にデジタル教科書を使った34人は3・6ポイント増で、同じ学校で紙の教科書を使った101人は3・3ポイント増えた。比較のため、別の小学校で紙の教科書を使った156人を調べたところ、4・1ポイント増だった。

 報告書は、デジタルが「紙と同等以上の教育効果がある」と分析したものの、対象児童数が少なく、統計的な裏付けは十分でないとしている。

 文科省では今年度、全小中学校を対象にした実証事業を行っており、来年度に報告書を出す予定。

スクラップは会員限定です

使い方
「教育・受験・就活」の最新記事一覧
3102170 0 ニュース 2022/06/22 05:00:00 2022/06/22 05:00:00 2022/06/22 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220621-OYT1I50134-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)