共通テストの数学2科目、難易度「あまり適切でない」…外部評価まとまる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今年1月に行われた大学入学共通テストの問題についての外部評価が30日、まとまった。数学の2科目は、問題量が多く、難易度が「あまり適切でない」と評価された。今年で2回目の共通テストでは、前身の大学入試センター試験を通じ7科目が過去最低点となり、大幅な難化が指摘されていた。

大学入学共通テストの会場に向かう受験生たち
大学入学共通テストの会場に向かう受験生たち

 大学入試センターは毎年、高校教員らによる外部評価を実施。「難易度」「出題の狙い」「範囲」など項目ごとに「適切かどうか」を4(あてはまる)~1(あてはまらない)の4段階で評価している。

 今回、「数学I・A」と「数学I」の2科目では、難易度の項目で2(あまりあてはまらない)だった。外部評価は、いずれも「設問は時間に比して多く、計算量の多い設問も散見された」と指摘し、受験生の解答時間に余裕がなくなったとした。生物は3だったが問題の分量が「多すぎ」とされ、リード文や会話文の一部省略などを求めた。

 今年の共通テストでは、全30科目のうち「日本史B」「生物」「数学I・A」など7科目の平均点が過去最低となった。予備校関係者からは「センター試験以降、最も難しい試験」とされた。

 外部評価に対して、問題を作成した大学教員らでつくる入試センターの部会は、数学で「時間配分と計算量の多さで課題が見られた」と認め、問題量の削減などを検討するとした。入試センター幹部も「重く受け止めたい」と、来年の共通テストを含めて改善する考えを示した。

スクラップは会員限定です

使い方
「教育・受験・就活」の最新記事一覧
3129194 0 ニュース 2022/07/01 05:00:00 2022/07/01 05:08:12 2022/07/01 05:08:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220630-OYT1I50235-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)