保健委員を「図書委員」・野球部員を「バレー部員」…内申書の誤記載、新たに59人分

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 堺市立の中学校が受験生の調査書(内申書)を誤って作成していた問題で、市教育委員会は1日、新たに12校59人分の誤記載が見つかったと発表した。合否に影響はないという。

 市教委によると、調査書と私立高校受験時に提出する個人報告書で、学校での活動内容などを記載する際、「保健委員」を「図書委員」、「野球部員」を「バレー部員」などと間違った。いずれも担任らによる入力ミスが原因という。

 市教委は4月に判明した作成ミスを受け、全市立中に調査を要請。しかし、その後、保護者からの指摘で新たなミスが見つかったことから、6月に改めて調査を指示していた。市教委は「事態を重く受け止め、生徒や保護者に深くおわびする」としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「教育・受験・就活」の最新記事一覧
3133806 0 ニュース 2022/07/02 15:52:00 2022/07/02 15:52:00 2022/07/02 15:52:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220702-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)