難しかった「大学入学共通テスト」、末松文科相「良問の作成に努めてほしい」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今年1月に実施された大学入学共通テストの難易度が「あまり適切でない」と外部評価で指摘されたことを巡り、末松文部科学相は5日の閣議後記者会見で、「更なる良問の作成に努めてほしい」と大学入試センターに注文をつけた。

末松文部科学相
末松文部科学相
大学入学共通テストの会場に向かう受験生たち(1月15日、東京都文京区の東京大学で)
大学入学共通テストの会場に向かう受験生たち(1月15日、東京都文京区の東京大学で)

 今年の共通テストでは全30科目のうち7科目の平均点が前身の大学入試センター試験を通じて過去最低を記録した。6月の外部評価では「数学I」「数学I・A」の難易度について「あまり適切でない」とし、「設問は時間に比して多く、計算量の多い設問も散見された」と指摘していた。

 外部評価を受け、同センターの問題作成部会は、時間配分と計算量の多さに課題があったとの見解を公表した。同センター幹部も「指摘を重く受け止めたい」として、次回テストから改善していく考えを示した。

スクラップは会員限定です

使い方
「教育・受験・就活」の最新記事一覧
3142733 0 ニュース 2022/07/05 17:53:00 2022/07/05 18:08:53 2022/07/05 18:08:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220705-OYT1I50118-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)