[命の葛藤]出口なき若者(1)文字が娘奪った

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全国の自殺者数が減る中で、未成年の自殺だけが昨年、増加した。若者が人生に希望を失い、命を絶ってしまう背景には何があるのだろうか。遺族や自殺未遂者の証言から、若者が現代社会のはざまで追い込まれていく様相を探り、対策を考える。

長時間LINE 友情ひび

「一緒にこの公園をよく散歩したんです」。遺品のスマートフォンを手に、母親は亡き娘を思う=鈴木毅彦撮影
「一緒にこの公園をよく散歩したんです」。遺品のスマートフォンを手に、母親は亡き娘を思う=鈴木毅彦撮影

 〈今、バスの中ですよ~〉。2013年秋の夕刻、西日本の女子大1年だった舞さん(仮名、当時18歳)から母親(56)にメールが届いた。いつもの帰宅連絡だったのに、その1時間後、舞さんは自ら命を絶ち、家に帰ることはなかった。

 あの朝、舞さんは「帰ったら縫い物をするから、ミシンを用意しておいて」と言って家を出た。前日には母親と一緒に買い物に行き、バスの通学用定期券を購入した。ふだん通りの日常のはずだった。

 何があったのか。舞さんのスマートフォンに残っていたLINE(ライン)の記録や、大学の両親への回答文書から、一端が判明している。

 入学後、舞さんは10人ほどの友人グループに入った。一方で、ある同級生から必要以上に頼られるなどして困惑していた。グループの友人たちから「付き合わない方がいい」と助言されたが、気だての優しい舞さんは関係を断つことができず、悩みを深めていた。

 夏休みが明けた日、舞さんは同級生と言い争いになり、涙を流した。グループの仲間は味方をしてくれ、LINEでも〈大丈夫?〉などといたわってくれた。

 3日後も、舞さんはグループの一人とLINEを交わした。〈(同級生と)ちゃんと話をつける〉〈みんなを振り回して申し訳ない〉と繰り返すと、〈見守ってる〉と励ましが返ってきていたが、やり取りが2時間以上続いた後、突然、友人の態度が変わる。

 舞さんが〈明日から一緒にいてね〉と頼むと、〈しんどいし、もう友達やめよう。めんどうくさい〉と突き放された。〈本当にごめんなさい〉と何度も懇願したが、途中で着信を拒否された。

 翌日の授業の合間、舞さんはグループの友人らに「これからも仲良くして」と直接頼み、おそろいのアクセサリーを配った。帰宅を知らせるメールを母親に送信後、バスの中で、前日とは別のメンバーの一人に対し、〈今日は話を聞いてくれてありがと。これからもよろしく〉とLINEで送っている。

 だが返事は冷たかった。〈よろしくしないとだめ? (同級生と)仲良くするのなら必要ない〉

 舞さん〈(同級生とは)絶対関わらない〉

 友人〈友達いないから、こっちに来たんでしょ?〉

 舞さん〈みんなと接したかった〉

 友人〈行動を直せよ〉

 舞さん〈直したら仲良くしてくれますか〉

 友人〈甘いよ。もう嫌〉

 30分間のやり取りの最後に、舞さんは〈はい〉と短い答えを返している。バスを降りて自宅マンションに着いたが、そのまま屋上に上がり、身を投げた。

 それから5年近くたった今も、両親は「なぜ突然に」との思いをぬぐえない。

 周囲への気配りを絶やさない子だった。人間関係に苦悩を深め、LINEの世界で急速に追い込まれてしまったのだろうか。詳しい経緯が知りたくて、両親は弁護士を通じて友人らに手紙を書いたが、保護者側から「本人のショックが大きい」などと返答され、あきらめた。「彼女たちも、まさか娘が死ぬとは思ってはいなかったのでしょう」。父親(60)は無念さを押し殺すように語った。

 母親は訴える。「スマホの文字は表情も見えず、冷たく心に突き刺さる。娘のような悲劇が起きないためにも、その怖さを知ってほしいんです」

読み返して傷深まる SNS

無料相談窓口の例
無料相談窓口の例

 専門家によると、若者は限られた友人との狭い人間関係で生きている場合が多く、拒絶されれば自らの存在を否定されたように思い込みがちだ。

 特に、場所や時間を問わずつながるLINEなどSNSでは視野が狭まり、心の余裕もなくなることがある。子供のネット問題に詳しい竹内和雄・兵庫県立大准教授は「文字が画面に残り、受け取る側は何度も読み返せる。それは傷つく言葉を何十回も繰り返されるのと同じ。文字だけのやり取りのリスクを教える必要がある」と指摘している。

無断転載禁止
745341 0 特集など 2019/08/16 15:23:00 2019/08/19 10:36:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190815-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ