読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「斉藤さんの相談室」に反響…STOP自殺 #しんどい君へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

学校関係者や読者から寄せられた反響
学校関係者や読者から寄せられた反響

 小中学生の頃に壮絶ないじめを受けたお笑いトリオ「ジャングルポケット」の斉藤慎二さん(37)が、子供の悩みに答えた8月の連載「STOP自殺 #しんどい君へ 斉藤さんの相談室」。学校関係者からの意見を募集したところ、保護者も含め多くの反響が寄せられた。その一部を紹介する。(上田詔子)

生徒のSOS 早めに把握

◆学校現場

 〈斉藤さんの記事が大きな反響となり、悩んでいる子供が多くいることを実感した〉

 こう感想を寄せたのは、大阪商業大学高校の上田英明教諭(50)。自身も中学時代にいじめを受けたが、当時は毎日をやり過ごすのに必死で、大人に相談する発想はなかった。今は教員として、生徒の「異変」に注意を払う。

 担任のクラスでは、手帳に毎日1行以上、その日の感想や出来事などを書くように呼びかけている。コメントを添えて戻し、気になる記述があれば個別に話を聞く。状況によっては保護者と連絡を取り、学校全体で対応を協議するという。

 上田教諭は「生徒のSOSを早めに把握することが重要。自分を大切に考えている大人がいることを知ってもらいたい」と話す。

集団いじめでは転校勧める

◆フリースクール

 NPO法人「ゆずりは学園」(愛知)の学園長・沓名くつな和子さん(71)は約20年前、教員を退職し、夫と自宅で小中学生対象のフリースクールを始めた。現在、通信制高校も運営し、約90人が在籍する。

 いじめの相談も多く、集団でのいじめに発展した事例では転校を勧めてきた。沓名さんは<環境が変わることは大切。必ず自分が輝く道はある。わかってくれる仲間もいる>としたためた。

 昨年1月に「フリースクールヒュッゲ」(新潟)を開校した関口健志さん(46)は、斉藤さんが不登校の相談者に呼びかけた「すてきな君自身を見失わないでほしい。自分という人間を大切にしてください」という言葉が心に響いたという。〈社会全体から『学校へ絶対に行かなければ』という重圧を取り除いていければ〉とメールを寄せた。

「記事に救われた」

◆保護者

 保護者からは、学校の対応への要望も届いた。

 神奈川県の女性(55)の長女は小5の時、無視されたり、トイレに閉じ込められたりして不登校になった。女性が相談すると、担任教諭から「学校に来させてください。不登校になってもいいんですか? 私が悪いみたいじゃないですか」と心ない言葉を浴び、不信感が募ったという。

 長女は転校したが、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症し、今も通院中という。女性は〈私自身、助けを求めるところが少なく、今回の記事に救われました。娘が数年後、斉藤さんのように社会に溶け込んでくれるという希望を感じ、母としてもう一踏ん張りできる気がした〉としたためた。

 東京都の40代女性は、長男が小学生の時にいじめを受けたが、担任教諭に助けてもらえなかったという。女性は〈信頼できる人を見つけて話をしてほしい。どんなことがあっても生きていてほしい〉との言葉を寄せた。

加害者への対応カギ

                                       
                                       

 いじめ問題の解決を目指すNPO法人「ジェントルハートプロジェクト」理事で、いじめの講演が1500回を超えた小森美登里さん(63)=写真=の話

 高校1年生の夏、娘はいじめを苦に自殺しました。いじめは人の生きる力を奪う危険な行為。いじめの解決には、被害者への対応はもちろんだが、加害者への対応がカギを握る。「仲間外れにするな」などと注意するだけでは意味がない。いじめる子が抱えるストレスの背景を考えてほしい。加害者にも寄り添う姿勢を見せれば、自分のことを気にかけてくれる大人の存在に気付き、いじめをやめるきっかけになる。どこの学校にもいじめはある。学校現場の対応、教員の考えが変われば、子供の命を救うことができることを、教員は肝に銘じてほしい。

無断転載・複製を禁じます
1468966 0 特集など 2020/09/11 05:00:00 2021/03/04 16:09:44 2021/03/04 16:09:44 読者からの反響(8日、東京都千代田区で)=横山就平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200910-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)