不登校だった三代目JSB・小林直己さんに兄「家にいるな、渋谷に行け」…STOP自殺 #しんどい君へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 若者の自殺が増える傾向にある夏休み明けを前に、悩み、傷つき、苦しんだ著名人たちが、しんどい思いを抱える「君」へメッセージを送る。

#しんどい君へ…(3)三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE リーダー 小林直己さん(34)

自分の居場所に悩んだという高校時代を振り返る小林さん
自分の居場所に悩んだという高校時代を振り返る小林さん

 「EXILE」のパフォーマー(ダンサー)や「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」のリーダー、さらには俳優としても活躍する小林さん。進路や自分の居場所に悩んだ時期もあったというが、「きっと、だれかが自分のことを見てくれている」と若者に向けて言葉を送ってくれた。

 中学生の時、眠れなくなったことがありました。「自分って何なんだろう」と考えて、イライラして、悲しくて。でも、何が不満なのかも分からない。救いになったのは、一晩中聴いたJ―POPなどの音楽でした。歌詞にいろんな生き方があるんだと学びました。 高校生になって、半年ほど学校に行かなかった時期があります。シンガー・ソングライターになりたくて、学校を辞めて音楽の道に進もうと思っていました。でも、家にいて何をするわけでもない。そんな姿を見かねた兄から言われたのは、「とにかく家にいるな。渋谷に行け」。なぜ渋谷なのか分かりませんが、兄の言うことって絶対じゃないですか。「いろんなものを見てこい」という意味だったんでしょうね。

「先生も悩んで苦労している。みんな同じなんだなって思った」
「先生も悩んで苦労している。みんな同じなんだなって思った」

 往復の電車賃を持って、渋谷に毎日通ってみましたが、人は多いし、お金もないし、ファッションビルのトイレでおにぎりを食べていましたね。でも、実際に外に出てみて景色が変わりました。 それまでは高校が全てのように思っていましたが、音楽の専門学校がたくさんあって、体験入学もできる。行きたい学校もあったのですが、母から「シンガー・ソングライターを目指すなら、一般の高校生の気持ちも分かったほうがいい」と言われ、高校に戻ることにしました。戻って感じたのは、先生も悩んで苦労しているということ。みんな一緒なんだなと思いました。

一歩踏み出して外へ出てみて

 音楽をやるにはリズム感が必要だと17歳からダンスを始めると楽しくて、とことんやろうと決めました。EXILEに入り、パフォーマーとして活動するようになりましたが、初めの頃はグループでの人気はあっても、個人の仕事に恵まれませんでした。必要とされていないんじゃないかと、自分を否定されたようでした。 グループにいると、組織だから分かち合える喜びもありますが、個より集団が優先されることもあります。学校も同じかもしれません。「俺だってここにいるよ」。誰かに受け止めてほしい。 自分は、目が一重だということなどがコンプレックスだったけれど、EXILEなどの活動に加え、舞台や映画に出演したり、パリコレクションでランウェーを歩いたり、表現者として挑戦していると、それが自分らしさであり、個性であると認められるようになった。だから、10代のみんなには、「きっとだれかが見てくれているよ」って伝えたい。

10代へのメッセージ 「“外”に出る」
10代へのメッセージ 「“外”に出る」

 自分の活動や思考、関係性の外に出てみることは大事だと思うんです。ひとりだと怖いし、金もないし、ツテもないけど、いつもと違う図書館に寄ってみる、手前の駅で降りてみる、そんなことでもいい。 ある日、一歩踏み出して外に出てほしい。景色が変われば、自分の存在を受け止めてくれる場所があるかもしれない。居心地のいい場所は、自分でつかめるはずです。

インタビュー[STOP自殺 #しんどい君へ]
はるな愛さん「学校という狭い箱にとどまる必要はない」
アイドルの「入り口」で下半身不随、猪狩ともかさん「感情吐き出して自分を維持」
島田洋七さん「生きているだけで誰かの幸せに役立っているんだよ」
元HKTゆうこすさん、「教室以外の居場所」を確保
山田ルイ53世さん「ただ生きていていい、キラキラする義務などない」
自殺考えた中川翔子さん「生きていて良かったと思える日が必ず来る」
秋元才加さん「逃げ場を見つけて、SOS発信して」
ゴルゴ松本さん「眺めて、逃げて、それから挑んで」

無断転載・複製を禁じます
752734 0 インタビュー 2019/08/21 05:01:00 2020/08/05 16:34:40 2020/08/05 16:34:40 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190819-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ