はるな愛さん「学校という狭い箱にとどまる必要はない」…STOP自殺 #しんどい君へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 若者の自殺が増える傾向にある夏休み明けを前に、悩み、傷つき、苦しんだ著名人たちが、しんどい思いを抱える「君」へメッセージを送る。

#しんどい君へ…(9)タレント はるな愛さん(47)

中学時代を振り返るはるな愛さん
中学時代を振り返るはるな愛さん

 幼少期から生まれつきの性別に違和感を持っていたはるな愛さんは、中学生になると自分らしさがわからなくなり、いじめの対象とされた。だが、LGBTの人たちが生き生きと活動していることを知り、自分を取り戻すと、いじめもやんだという。愛さんは「学校という狭い『箱』にとどまる必要はない。嫌なことがあったら他の場所に動いて。本当の世界はずっと広いよ」とメッセージを送ってくれた。

 中学に入った頃は、学校も友達も怖くて嫌でした。

 物心ついた頃から女の子になりたいと思っていたのですが、中学1年生の時には、親の言うとおり男らしく振る舞いました。でも、自分らしくいられずにビクビクしていたからか、いじめのターゲットになりました。

 ラインを引く石灰を口の中に突っ込まれたり、掃除の時間や放課後に蹴られたり、殴られたり……。周りは見て見ぬふりで、先生に助けを求めたら、「あなたにも悪いところがあるんじゃないの?」と言われました。心配をかけたくなくて親にも相談できませんでした。

 「何のために生きているんだろう」。命を絶とうと思いました。歩道橋から行き交う車を見下ろして、トラックが来た時に飛び降りようとしたこともあります。頭を壁に何度も打ちつけて血を流したこともあります。

 中2の時、母の知人がショーパブに連れて行ってくれました。ニューハーフのお姉さんたちが生き生きと輝く世界を知り、自分は独りぼっちじゃない、居場所を見つけたと思いました。自信が持てるようになって、自分らしくいられるようになりました。すると、いじめもやみました。

絶対に居場所はある

「誰にでもいいから、SOSを発信してほしい」
「誰にでもいいから、SOSを発信してほしい」

 あの時、死なないで本当に良かった。好きな洋服を着たり、おいしい物を食べたり、こんなに彩り豊かな日がくるとは想像できませんでした。

 孤独でつらい気持ちはよくわかります。でも、学校という狭い箱にとどまる必要はない。他の場所に動いて。本当の世界は、ずっと広いから。絶対に居場所はある。嫌なことがあったら、その分いいことも待っています。誰にでもいいから、SOSを発信してほしい。一緒に生きていこう。

 周りの大人は、子供からSOSがあっても、自分のことで精いっぱいで対応できないと思うかもしれない。でも、子供の心は変化のスピードが速いことを知ってほしい。帰宅が遅かったり、目がうつろだったり、何か異変を感じたら、手遅れになる前に、子供の目線に立ってちゃんと向き合ってほしいです。

インタビュー[STOP自殺 #しんどい君へ]
アイドルの「入り口」で下半身不随、猪狩ともかさん「感情吐き出して自分を維持」
島田洋七さん「生きているだけで誰かの幸せに役立っているんだよ」
元HKTゆうこすさん、「教室以外の居場所」を確保
山田ルイ53世さん「ただ生きていていい、キラキラする義務などない」
自殺考えた中川翔子さん「生きていて良かったと思える日が必ず来る」
不登校だった三代目JSB・小林直己さんに兄「家にいるな、渋谷に行け」
秋元才加さん「逃げ場を見つけて、SOS発信して」
ゴルゴ松本さん「眺めて、逃げて、それから挑んで」

無断転載・複製を禁じます
763741 0 インタビュー 2019/08/27 05:00:00 2020/08/05 11:06:36 2020/08/05 11:06:36 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190828-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ