誰にでも自分の居場所がある学校…聖園

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

2016年度卒業

津田塾大学 学芸学部 数学科 数学専攻
澤田 春菜さん

Q1.母校の思い出は?

 中学受験に向けて、落ち着いて授業が受けられる環境を探していました。女子だけが通う学校があるというのを両親から聞くまでは、「女子校」の存在すら知らなかったのですが、聖園に入学してみると楽しいことばかりでした。女子校は「独特の雰囲気」があって、敬遠されがちとよく聞きますが、聖園は違いました。

 先生たちは、生徒一人一人の考えを尊重してくれました。生徒同士でも自分の主張をきちんと意見交換できたし、その結果、心を通わせる友人もできました。

 入学までは「友達をたくさん作らないといけない」という強迫観念におびえていたのですが、そんな空気は全くなかったですし、一人でいたいときはその気持ちを尊重してくれました。だからといって、孤独だと感じることもない学校生活でした。学校の中に「自分の居場所がいつもある」と感じていました。

 聖園では部活に熱中する人、趣味に没頭する人など、本当に個性豊かな生徒が多くて、それでいて「球技大会で応援賞を取ろう!」と、一つの目標ができると一致団結する。そんな空気がとても心地よかったです。

Q2.勉強での思い出は?

 勉強するのが苦手だったのですが、聖園の授業は大好きで、授業中に集中して内容を全部覚えてしまう気持ちで頑張りました。というのも、在校中に所属していたバスケットボール部は、部活も勉強もしっかり取り組めという姿勢だったので、限られた時間で睡眠時間を削って勉強するよりも、授業中にしっかり理解する方が、自分の生活スタイルに合っていたからなんだと思います。

 定期試験中も、高3冬の自由登校期間も、時間が許す限り学校で過ごしていました。特に職員室前の廊下では、疑問点を先生に質問したり、自習したりしていました。それでも本当のところは、先生方とたわいもない話をする時間の方が、ずっと長かったかもしれないです。

Q3.母校を目指そうとする受験者へ

 私は元々聖園を目指していたわけではありませんでした。他に受験した学校を次々に不合格になっていたときに、以前模擬試験会場として訪れた聖園のことを思い出し、急きょ受験して合格することができました。のちに親に聞いてみたら「なんか楽しそうだし、校内を案内してくれたお姉さんがいい人だった!」と繰り返し言っていたそうです。

 聖園で過ごした6年間の日々で、私は「自分と違う人」を受け入れることができるようになりました。自分と考え方が違ったり、そのことで嫌な思いをしたりすることがあっても、「きっと相手にも事情がある」と見えない部分に思いをはせることができるようになりました。「相手を排除せずに受け入れる」と考えるようになったのは、聖園での学校生活のおかげだし、卒業した現在も考え方や行動、自身の発言に成長のルーツは聖園にあったんだなと感じることも多いです。聖園は、誰にでも自分の居場所があって、成長することができる学校。そんなところだと思います。

 聖園女学院中学校・高等学校について、さらに詳しく知りたい方はこちら

無断転載禁止
709624 0 卒業生だよ 2019/05/22 05:21:00 2019/05/22 05:21:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190726-OYT8I50011-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ