「黒板の無い教室」で授業が飛躍的に効率化…瀧野川女子

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 授業のICT化(情報通信技術化)を推し進めている瀧野川女子学園中学高等学校(東京都北区)は2018年、壁面に大型ディスプレーだけを設置した「黒板の無い教室」を導入した。教師オリジナルの「ノート」を活用することで、板書を不要としたスピーディーな授業が可能になるという。その授業風景をリポートするとともに、山口龍介副校長に抱負を聞いた。

iPadのオリジナル「ノート」で授業を効率化

ディスプレーを使えばモンゴル帝国の版図拡大が一目で分かる
ディスプレーを使えばモンゴル帝国の版図拡大が一目で分かる

 「今日の授業のテーマは『蒙古(もうこ)襲来』です。鎌倉時代の日本に攻めてきたモンゴル帝国は、当時このように版図を拡大していました」。日本史の齋藤辰彦先生がiPadを操作すると、モンゴル帝国がアジア一帯に広がっていく様子が、教室の大型ディスプレーにスライドショーで映し出された。ヨーロッパや中東にまで、見る見る版図が広がっていく。

 この授業は昨年12月7日に行われた高3の日本史Bの授業だ。「『資料集の何ページを見なさい』という指示を出す手間が、まったくありません。画像やスライドショー・動画を使い、生徒に見てほしい情報をすぐさま提示することが可能なのです」と、齋藤先生は話す。

ノートと鉛筆の代わりにiPad ProとApple Pencil
ノートと鉛筆の代わりにiPad ProとApple Pencil

 生徒の手元にはタブレットPC「iPad Pro」と手で書き込みができる「Apple Pencil」がある。いずれも2016年から全生徒に配布済みだ。各生徒のiPad上には、先生があらかじめその日の授業内容をまとめておいた「ノート」が開かれている。「モンゴル帝国を築いた人物の名前を書きなさい」と齋藤先生が指示すると、生徒たちは「ノート」上の空欄に名前を書き込んだ。「ノート」にはメモを取るスペースもあるので自分なりの気付きを書き込んでいる生徒もいる。

 先生は自分の手元のiPadで生徒たちの「ノート」を閲覧することができるので、一人一人を指して答えさせることもない。生徒たちの回答を手元で確認しながら「ちょっと字が違うぞ」などと、即座に指摘していく。

 齋藤先生に限らず、教師たちはテキストや画像を盛り込んだオリジナルの「ノート」を、各自工夫を凝らしながら作成しているそうだ。

自宅学習も受験対策もICT化で容易に

先生の手元の画面で生徒の解答が確認できる
先生の手元の画面で生徒の解答が確認できる

 この日の授業を受けた生徒は「ほかの高校の友だちは、教科書やノート、資料集とたくさん持ち歩いているけれど、私はこれ1台。『すごく軽いね』とビックリされました」と話す。別の生徒も「この学校に入るまでは、iPad ProもApple Pencilも使ったことはありませんでした。感覚的に操作できるので、すぐに使いこなすことができました」と、授業のICT化を積極的に受け止めているようだ。

 iPad ProとApple Pencilは家に持ち帰り、自宅での復習に使うことができる。「授業の中で大切なところはiPadで録音し、家で聞き返しています」とある生徒は話す。「親が日本史に興味があるので、一緒に『ノート』を見て勉強したことを話し合っています」という生徒もいる。

 授業で受験対策となる内容を学んでいるため、高3でも予備校に通う生徒はほとんどなく、学校でも家でも専らiPad ProとApple Pencilで学習しているそうだ。

 「板書をする、それを書き写すという手間を省いたことで、時間に余裕が生まれ、授業の中に高度な内容を数多く盛り込むことが可能になりました。前の授業で学んだ箇所もiPadですぐに開けるので、『どこに書いてあるか分からなくなった』という言い訳は通用しません」と齋藤先生は話す。

壁一面のスクリーンにパフォーマンスを投影

 同校は学校全体でICT化を進めている。教師全員がノートパソコンMac Book ProとiPad Proを持って業務を共有しており、体育館や多目的ホールには高解像度の4Kレーザープロジェクターを設置して、学園祭などのイベントに活用している。

自ら動画の撮影・編集も行う山口副校長
自ら動画の撮影・編集も行う山口副校長

 同校のICT化推進を担う山口龍介副校長は、「iPad ProとApple Pencilが出たときに、『コレだ!』と直感し、一気に導入を決めました」と話す。「まず、授業の効率が圧倒的に違います。半分以下の時間で授業ができるので、残りの時間を、生徒が考え、自分で書く、話し合うといった意義のある活動に使うことができるのです」

 日本史の授業で、インターネット上で公開されている「東京裁判」の動画を生徒に見せたことがある。第2次世界大戦終結時の生の映像を見た生徒たちから、「淡々とした様子が、逆に印象に残った」という感想が漏れたという。「単に年号や名称を暗記するのではなく、音と映像、そしてそこにある物語によって、日本史を学ぶのです。生物の授業では、顕微鏡下でうごめく微生物の映像を見て、生徒たちは生き物の姿をリアルにとらえます。テクノロジーの力で、授業の質が格段に上がっているのです」

 「メディアクリエーションラボ」と呼ばれる部屋には映像編集などが容易にできる最新型のiMacパソコンが並び、プロのクリエーターが使うアプリケーションがインストールされている。教師たちは自分で撮影した学校紹介の動画を、ここで編集して動画共有サイトYouTubeにアップする。生徒たちも日々の学びの中でごく普通にムービーを作り、プレゼンテーションなどに生かしている。「言葉だけでは伝わりにくいことでも、映像を使うことで多くの人に分かりやすいメッセージとして発信することが可能です。『自分の思いを形にして世に送り出す』という本校の『創造性教育』を、ICT化によって実現しているのです」

 同校の学園祭「あかつき祭」では、美術部が自ら製作した映像を体育館の壁いっぱいに映し出し、その映像と音楽にダンスを合わせたパフォーマンスを繰り広げた。その様子はYouTubeで公開した。山口副校長は「我々の予想を超え、生徒たちの中から次々と新しいアイデアが生まれています。ここにある環境を最大限に生かし、未来へつなげていってもらいたいと思います」と話す。

 生徒たちの発信力・表現力を育て創造性を引き出すことは、増加するAO入試や2020年からの大学入試改革にも有利に働くだろう。山口副校長はICT化の効果に大きな期待を寄せている。

(文・写真:足立恵子 写真提供:瀧野川女子学園中学高等学校)

 瀧野川女子学園中学高等学校についてさらに詳しく知りたい方はこちら

無断転載禁止
297087 0 瀧野川女子学園中学高等学校 2019/01/23 05:20:00 2019/01/23 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190121-OYT8I50064-T.jpg?type=thumbnail

会員校一覧

東日本 共学校ページTOP

── 女子校ページTOP

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ