私の英語通じた!真夏の学外ボランティア体験

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

葉山インターナショナルスクールの建物外観
葉山インターナショナルスクールの建物外観
海を望む、まるでリゾート地のような雰囲気(葉山インターナショナルスクール)
海を望む、まるでリゾート地のような雰囲気(葉山インターナショナルスクール)

 横須賀学院中学高等学校(神奈川県横須賀市)の中学、高校の生徒たちが、葉山インターナショナルスクールのサマースクールに教員補助のボランティアとして協力した。すべて英語で行われたボランティア体験、中高生はそこで何を感じ取ったのか。

プリント配布しただけなのに…予想以上の応募者

 横須賀学院は、米軍関係者の子供が多く通学する葉山インターナショナルスクールと日常的に交流がある。そんな交流の中から、「葉山インターナショナルスクールのサマースクールで、ネイティブ教員の補助を行うボランティアを横須賀学院の生徒にお願いしたい」という話が持ち込まれたのだ。

 サマースクールが開催されたのは7月21日から8月29日まで。この期間に計6セッションが実施された。英語科の松村知道教諭は言う。「ボランティア募集のプリントを配布しただけなのですが、予想以上の応募者がいて、選考が必要でした。ボランティアの活動中も抜き打ちで様子を見に行ったのですが、『こんなに良くやれるものなんだ』と、正直、感心しました」。部活や自分のことで忙しいのに、ボランティア精神にあふれる生徒が多いのは、キリスト教教育がしっかり根付いている証拠なのだろう。

ネイティブ教員をサポート…成功体験でスキルアップへ意欲

英語ボランティア活動での生徒たちの様子を語る英語科の松村知道教諭
英語ボランティア活動での生徒たちの様子を語る英語科の松村知道教諭
活動前にカリキュラムの説明を受ける生徒たち
活動前にカリキュラムの説明を受ける生徒たち

 学校側としてはボランティア体験以外に、どんなことを期待したのだろうか?

 「英語をアウトプットする機会ですね。自分で話した英語が相手に通じるということは、テストで満点をとったという喜びとは別の質のものです。こういった成功体験は、教室の中での学びでは、どうしても、まかないきれない部分なのです」と松村教諭。

 ボランティアに参加した生徒たちの感想はどうだったのか。参加した中3男子生徒に聞いた。

 「来年の春も、葉山インターナショナルスクールでのボランティアを募集しているそうです。それに向けて英会話を始めました。映画も日本語字幕で見るようにしたり、普段から外国の人に積極的に声をかけたり、『自分から英語で何かやってみよう』と思うようになりました」

 高校1年の女子生徒は「英語を話す以前の問題として、外国の人と話す時は、『自分の考え』を持つことが必要だという文化の違いを感じました。そういう体験から、普段から、ちゃんと自分の言葉で物事を考えておこうと思うようになりました」と語る。

 ボランティア活動は、その場限りの体験ではなく、「次なる自分」を思い描き、スキルアップをしようと思う原動力となったようだ。

より多くの生徒に学びの場を…チャンス探す語学研修委員会

サマースクールで着ていた、おそろいのTシャツ
サマースクールで着ていた、おそろいのTシャツ

 こうした学びの姿勢を支えているのは同校の語学研修委員会だ。英語科の教員を中心に「海外語学研修&ホームステイ」「交換留学プログラムへの参加」といったグローバル教育プログラムの企画・運営を行っており、葉山インターナショナルスクールとの連携もこのプログラムの一環として位置付けられている。

 「円安で海外語学研修の値段が高くなってしまい、研修に参加できる生徒が減っています。そのため、費用負担が軽く、より広い多くの生徒が利用できるプログラムを探していたからでもあります。今回のサマースクールは、生徒の参加費は無料ですから」と語るのは、中学校副校長の鎗田謙一教諭。

 生徒の学びのチャンスを常に探し続ける、横須賀学院の教育の根幹に触れた気がした。

 (文・写真:楢戸ひかる、一部写真:横須賀学院中学高等学校提供)

 横須賀学院中学高等学校について、詳しく知りたい方はこちら

無断転載禁止
404092 0 横須賀学院中学高等学校 2014/10/07 11:30:00 2014/10/07 11:30:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20141007-OYT8I50049-T.jpg?type=thumbnail

会員校一覧

東日本 共学校ページTOP

── 女子校ページTOP

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ