【合格応援団】歌なし音楽 孤独救う…東洋英和

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新井涼子さん 東洋英和女学院高→お茶の水女子大理学部

Q)直前期につらかったことはありますか

 リビングから、家族の楽しそうな声が聞こえると、孤独感に襲われました。あとは、第1志望だった東大の予行演習で受験した私立大が全て不合格だったことですかね…。

Q)どう乗り越えましたか

 孤独感は、大好きなジブリ映画の音楽を聞いて乗り越えました。オルゴールバージョンのもので、歌詞がないだけ、勉強に集中できました。私立の結果については、担任の先生から「国立はこれからだから、頑張って!」と励ましてもらい、割り切るようにしました。

Q)受験を振り返って、いかがですか

 前期日程で第1志望の東大に落ちたことがショックでした。後期日程で受験したお茶大の試験は東大の合格発表からわずか2日後。気持ちの切り替えが大変だったけど、「落ちたら浪人すればいい」と腹をくくったことが良かったのかも。緊張せずに冷静に問題が解けました。自分を追い込まず、いい意味で開き直れたことが合格につながったと思います。

Q)受験生へメッセージをお願いします

 今、通う大学は私にとっては第2志望でしたけど、生活はすごく楽しいです。合格した時、姉と妹が一緒に喜んでくれて、それが前に進む力を私に与えてくれたのかな、と思います。受験がどんな結果になっても、味方になってくれる人は必ずいる。本番は、安心して全力を出すのみです!!

(読売中高生新聞2018年12月14日号から)

55822 0 東洋英和女学院中学部・高等部 2019/01/04 05:20:00 2019/01/04 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181225-OYT8I50051-T.jpg?type=thumbnail

会員校一覧

共学校ページTOP

女子校ページTOP

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ