1年間の研究成果を問う「創造性教育発表会」…瀧野川女子

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

スライドを使って学習成果を発表する中学1年生たち(右)
スライドを使って学習成果を発表する中学1年生たち(右)

 瀧野川女子学園中学高等学校(東京都北区)は2月28日、「創造性教育発表会」を開催した。「創造性教育」は、実社会に向けて具体的に新しいもの、新しい仕事を創り上げていこうと2015年に始まった取り組みで、各学年の段階に合わせたテーマを、1年かけて研究していく。「発表会」はその成果を披露する場で、この日は中学1年から高校2年までの各学年が演壇に立った。

 中学1年生のグループ発表のテーマは、「理想の街を創ろう Dream Tokyo」。実際に生徒たちが、浅草や新宿をフィールドワークして巡り、現在の街の状況から「理想の東京」について考えたことを、動画やスライドを駆使して発表した。

 学年が上がるごとに発表の内容も高度なものとなる。中学3年では、援助や配慮を必要としている人が身に付けるヘルプマークに注目した「広めたいんです。このマーク」、好意を感じる脳の仕組みを研究した「『好き』のなぞ」、日本の宗教のルーツを掘り下げた「知っていますか?自分の宗教」の三つのテーマで、個人による自由研究の発表が行われた。

 大人でも知っていそうでよく知らない物事や身の回りの出来事への細やかな視線を感じさせる発表に、講評に参加した同校理事で東京工業大学の廣瀬茂男名誉教授や同校評議員で東京工業大学の齋藤滋規教授も感心の表情を見せていた。

 瀧野川女子学園中学高等学校について、さらに詳しく知りたい方はこちら

無断転載・複製を禁じます
488740 0 瀧野川女子学園中学高等学校 2019/03/14 12:07:00 2019/03/14 12:07:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190314-OYT8I50010-T.jpg?type=thumbnail

会員校一覧

東日本 共学校ページTOP

── 女子校ページTOP

西日本ページTOP

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ