千葉私立中進学フェアに6000人…学校CMコンテストも

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 千葉県内の私立中学23校が一堂に会する「千葉私立中学進学フェア」が6月16日、千葉工業大学津田沼キャンパス(千葉県習志野市)で開かれた。個別進学相談、模擬授業、部活紹介、講演のほか、今年は参加各校の生徒による「学校CMコンテスト」が登場。昨年を1500人上回る過去最高約6000人の親子連れらでにぎわった。

相談コーナーでは個別の質問に丁寧に対応

開場を待つ受験生や保護者の列
開場を待つ受験生や保護者の列
相談者でにぎわう個別相談ブース
相談者でにぎわう個別相談ブース

 相談コーナーは、参加校のベテラン担当教員が学校案内や入試情報などの相談に個別に応じる場で、学校生活の細部が分かり、入試対策も聞けるとあって、親子連れが列を成していた。開場から1時間後の午前11時になると多くの学校ブースに用意された順番待ちの椅子が足りなくなり、2列を5列に増やす場面も。

 東京都江戸川区から来た父親は「入試までの時間の過ごし方が分かって安心しました」と話し、別の親子連れは「入試の不安がなくなり、目的の学校が絞れました」と笑顔を見せた。来場者の人気が高かった中学の担当者は「父親の参加が年々増えています。小学3年生の親御さんもかなりいらっしゃいます」と近年の傾向を話した。

生徒が作った学校紹介ビデオを次々と上映

「学校CMコンテスト」の参加作品を視聴する来場者
「学校CMコンテスト」の参加作品を視聴する来場者

 今年のフェアで新しく登場したのが「学校CMコンテスト」だ。生徒が企画、撮影、編集して自分たちの学校を紹介したコマーシャルビデオを競うもので、23校すべてが出品した。審査員にはテレビ局員やビデオ制作会社社長、大学教員らがあたり、ユニークな発想で作られたビデオが次々と映し出された。

 最優秀賞は成田高等学校付属中学校が受賞した。作品では男子学生がJR成田駅から成田山新勝寺の参道を通る通学路を紹介。スライドショーや動画を巧みに編集しながら、施設、部活、学校行事の各ポイントから学校の魅力をアピールした。発表に携わった生徒の1人は「仲間と一緒に計画し、実行できたことがうれしかった。制作を通じて自分の学校がより深く理解できた」と喜びをかみしめていた。

 なお、一般投票で決まるフェア・グランプリ賞を受賞したのは東邦大学付属東邦中学校の作品。学校近くに中山競馬場があることにちなみ、馬のかぶり物で自分の顔を隠した生徒が、校内を巡って学園生活の一日を紹介した斬新な作品だ。馬が校内に迷い込んだような、楽しげな構成が好感を与えた。

親子で体験できる模擬授業は、教室があふれるほどに

八千代松陰中学校の吹奏楽部によるステージドリル
八千代松陰中学校の吹奏楽部によるステージドリル

 各校の模擬授業の教室も立ち見が出るほどの盛況だった。昭和学院秀英中学校の模擬授業では、ネイティブの先生による英会話授業が行われ、テーブルごとに用意されたiPadに映し出された質問に、子供たちが大きな声で答えていた。どの教室でも学びに工夫をこらす担当教員の熱意が伝わる授業風景が展開されていた。

 部活紹介では、参加校の生徒たちの生き生きとした活躍ぶりが見られ、憧れの目で見つめる小学生が多かった。

 昭和学院中学校のダンス部は数グループに分かれて創作ダンスを次々に披露し、躍動感あふれるステージで来場者の目を見張らせた。ヒップホップを踊る中1生にとって、この日は初めての舞台だったが、最後までリズムに乗った動きを見せ、盛んな拍手を浴びていた。

 八千代松陰中学校の吹奏楽部は、トロンボーンやトランペットのソロを含め、ジャズのスタンダード曲を次々と演奏。変化に富んだ演奏やステージドリルで会場を魅了した。

「大学入試改革と中学入試は直結している」

講演を行った安田理氏
講演を行った安田理氏

 「中学受験 ママへの『個別指導』」などの著書で人気の教育コンサルタント・安田理氏による講演も行われた。

 タイトルは「グローバル時代の子育てと中学受験」。安田氏は、私立中学校が生徒に求める学力観が変わってきた、と分析。単なる知識や理解より主体的に問題に取り組む姿勢が重要視されている、と注意を促した。

 さらに、大学入試改革は、現在の中学1年生が大学入試を迎える2025年に完了すると説明。「中学入試は大学入試につながる」として、新しいタイプの中学入試の実例をスライドで解説していった。

 「お子さん方の世代は75歳まで働く可能性が大であり、外国人と共に生きる社会で暮らすことになります。そのために何を学ばせるかを考えてみましょう」と問いかけると、うなずきながら熱心にメモを取る来場者の姿もあった。

 なお、会場内に設けられた読売新聞ブースでは、YC(読売新聞販売店)の協力を得て、読売KODOMO新聞と読売中高生新聞各1000部が無料で配布された。

 (文・写真:水無瀬尚)

無断転載・複製を禁じます
670070 0 合同説明会 2019/07/03 11:19:00 2019/07/03 11:19:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190703-OYT8I50007-T.jpg?type=thumbnail

会員校一覧

東日本 共学校ページTOP

── 女子校ページTOP

西日本ページTOP

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ