近大流プロモーション戦略を学ぶ…中学受験サポートセミナー

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中学受験サポートは2月18日、近畿大学総務部長の世耕石弘(せこういしひろ)さんを講師に招き、読売新聞東京本社(東京・大手町)で第17回セミナーを開催した。講演のテーマは「知と汗と涙の近大流コミュニケーション戦略」。近畿大学の広報担当として、大学志願者数を2019年まで6年連続で日本一に導いた仕掛けや舞台裏について、1時間半にわたって参加者に熱く語りかけた。参加した中学受験サポートの会員校48校などの教職員ら72人は、結果を出し続けている“世耕マジック”を自校の志願者増とPRに生かそうと、熱心に聞き入っていた。

SNSを利用、“炎上”も大歓迎

プロモーション戦略の実例を説明する世耕さん
プロモーション戦略の実例を説明する世耕さん

 「私は自分を教育者だと思っていません。学校も車などと同じで、いい物を作っても売れるわけではありません。差を見せつけることが大事なのです」

 世耕さんは講演の冒頭でこう語ると、志願者増の仕掛けの例として1分30秒あまりの近大のPR動画をまず紹介した。

 「毎度 近大アカデミア」「TRYせんなんて どない?」――軽快なリズムに乗った関西弁のラップで、近大の施設や取り組んでいるマグロの養殖などが紹介される。この動画は、近大のホームページのトップに掲載されている。アメリカの大学のサイトを徹底研究して取り入れたという。

 「ホームページのトップに細かいメニューを設けても誰も見ません。内容は検索エンジンで探せます。それよりも、見ている人にインプレッションを与えて、『この学校は何だ』と思わせるのが大事なのです」

 広報と広告を一体化させた対外発信を近大では「コミュニケーション戦略」と呼んでいる。その具体例をプロジェクター画面で次々と紹介していく。

 2017年正月の新聞広告では「早慶近」というコピーで新しい大学のグループ分けをアピールした。「THE世界大学ランキング」で、601~800位の評価を受けた私立総合大学に、近大が早大、慶大とともにランクインしたことが主張の根拠だ。しかし、ネット上では「ふざけるな」などと罵倒の嵐が吹き荒れたとも明かした。

 18年11月には見開き新聞広告の「大阪のユニバといえば、近大やろ」というコピーが話題を呼び、テレビでも取り上げられた。USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)人気に便乗した戦略だった。

 いずれも、最終的にはSNSで拡散させ、大学志願者と重なる若者層に直接訴えかけることが狙いだ。世耕さんにとっては、ネットでの“炎上”も望むところだといい、「めちゃくちゃ面白い」と笑いながらSNSの炎上画面を映し出した。

若者人口の減少への生き残り策を

 こうした教育機関では異質なプロモーション戦略には、近畿日本鉄道での勤務経験が生きていると言う。07年に大学に移った時に、「私立学校は限りなく民間企業に近い、民間のノウハウを活用できる。コミュニケーションの力でこの大学を押し上げようと誓った」と力を込めた。

 世間に流布する大学の序列・グループ分けを、「入れかえ戦なきリーグ戦」とも指摘。関西では「法律で決まっているわけでもない、皆の頭の中だけにある」厳然たるヒエラルキーがあり、近大は「産近甲龍」(京産大、近大、甲南大、龍谷大)の3部リーグに位置づけられているという。「いったん入ったら出られない序列を広報の力でぶっ壊したい」。その思いが今の原動力になっているという。

 世耕さんはさらに、18歳人口が今後、激減することは、大学だけでなく中高一貫校にも共通する将来的な危機であることを、セミナー参加者に訴えた。そのうえで、今後、学校間の生き残りが激烈になってくることが必至であるとし、進化論を唱えたダーウィンの次の言葉で講演を締めくくった。

 「最も強い者が生き残るのではない。最も賢い者が生き延びるわけでもない。この世に唯一生き残ることができるのは、変化に対応できる生き物である」

 (写真・秋元和夫 文・中学受験サポート)

無断転載禁止
1064872 0 トピックス 2020/02/21 12:46:00 2020/02/26 16:46:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200221-OYT8I50007-T.jpg?type=thumbnail

会員校一覧

東日本 共学校ページTOP

── 女子校ページTOP

西日本ページTOP

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ