寮生活で英語力向上と人間的成長を全力サポート…秀明

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 秀明中学校・高等学校(埼玉県川越市)は、「世界に通用する真の国際人の育成」を目指し、英語教育に力を注いでいる。授業時間は標準授業時数の2.5倍を確保し、専任のイギリス人教員陣を整えるなどし、自分の意見を英語でスピーチできるレベルまで鍛え上げるという。独自のチームティーチングや、海外研修、「スーパーイングリッシュコース」の授業などについて英語科主任教諭とイギリス人教員に聞いた。

英語授業が標準授業時数の2倍強

英語教育について説明する山本恭子教諭
英語教育について説明する山本恭子教諭

 「本校は『世界に通用する真の国際人の育成』を教育理念とし、創立以来、英語教育に力を入れています。特に今後は生きていくために必要な能力であるため、日常会話レベルはもちろん、自分の意見を英語でスピーチできるレベルを目指して鍛錬を行っています」。英語科主任の山本恭子教諭は、同校の英語教育についてこう説明する。

 英語教育重視の姿勢は、ネイティブの教師陣に表れている。グローバルに通用する標準的な英語を習得できるよう、常勤のイギリス人専任教員が7人いて、全員が英語を母国語としない人に英語を教える教員(TESOL)の資格を取得している。

 授業時間の多さも注目される。秀明中学校の場合、日本人教員による文法などの授業が週2時間、日英教員のチームティーチングが2時間、英会話が2時間、そして夕食後の夜間学習が3時間で、計9時間を確保しており、中学の標準授業時数の2倍強となる。高校でも週あたり3~4時間多く、教科選択や受験対策によってはさらに時間を割く。

 英語教育の中でも、同校が「独自」と胸を張るのがチームティーチングだ。山本教諭によると、英国人と日本人の役割分担に特色があるという。「イギリス人教員は単なる発音の手本ではなく、日本人が英語をマスターするための正しいメソッドに従って授業を進めます。日本人教員は、授業中に各生徒の様子を確認しながら、日本人にありがちな間違いをフォローしたり、日英文化の差異などの周辺知識を補足説明したりして、理解を深めます。また、イギリス人教員は、学年集会やホームルーム、昼食時間や放課後の談話の時間などにも生徒との対話に努め、英語の使用を習慣付けます」

チームティーチングと英会話の授業を担当するアンドリュー・フォーサイス教諭
チームティーチングと英会話の授業を担当するアンドリュー・フォーサイス教諭
学園所有の教育施設「チョーサー・カレッジ・カンタベリー」
学園所有の教育施設「チョーサー・カレッジ・カンタベリー」

 チームティーチングと英会話の授業を担当するアンドリュー・フォーサイス教諭は、生徒の様子について、「最初は、生徒の英語への関心度はさまざまなので、授業では出来るだけ幅広い話題を取りあげ、多くの生徒の興味を喚起できるよう配慮しています。授業以外でも生徒たちとは交流しており、最初口数が少なかった生徒もだんだんコミュニケーション力が上がり、普段の振る舞いも成熟していくのを見るのはうれしいことです」と話す。

 同校は、実用英語技能検定にも力を入れており、生徒全員が2級に合格するまで指導している。難関大学を目指す者には準1級を取得するよう勧め、成果を上げている。

 フォーサイス教諭は、「英語は自分の実力が見えにくい科目ですが、全国規模で年に3回、筆記・リスニング・面接を含めて行われる英検ならば、自分が今どのレベルにいるのか分かりやすく、モチベーションにもつながります」という。また、山本教諭によると、同校は中学で全寮制、高校でも一部を除いて寮制を取っていることから、英検対策には主に夜間学習の時間を充てるという。「じっくり時間を取れるのは寮生活のメリットの一つです」

 語学だけでなく、英語圏の生活や文化の理解にも力を入れている。柱となるのは在学中2回のイギリス研修だ。中2で2週間、高1で3週間イギリスに滞在し、英国ケント大学の敷地にある秀明学園所有の教育施設「チョーサー・カレッジ・カンタベリー」で語学研修や芸術鑑賞、交流プログラム、イギリス各地への小旅行など、さまざまな活動を行う。滞在中、日程の前半はホームステイで現地の生活を経験し、後半は同カレッジの学生寮に泊まって、同じ寮にいるさまざまな国の学生との交流を行う。

実質週16時間、英語を学ぶスーパーイングリッシュコース

 同校は2016年度、「スーパーイングリッシュコース(SEC)」を設け、グローバル人材の育成に特化した教育を続けている。現在、SECに所属する生徒は各学年で5人から10人だ。

 SECの英語授業は専用の教室「イングリッシュ・スタディ・センター」で行われる。日中は、4技能をトレーニングするオールイングリッシュの授業が4時間、英会話が2時間。さらに夜間学習で4時間の計10時間、日本人教員が文法事項などを講義する。これに加えてCLIL(内容言語統合型学習)の時間が6時間あり、音楽、美術、家庭といった実技科目をオールイングリッシュで授業する。実質的に週16時間を英語のレッスンに充てていることになる。

 4技能の授業では、欧州をはじめ国際的に通用する英語検定である「ケンブリッジ英検」のテキストを使い、同英検の受検も必須としている。

 「SECでは、ケンブリッジ英検の尺度CEFRで見て、中1でA2、中3でB1の取得を目指します。現在高2のSEC1期生の中には、『英語での実務に堪える』とされるB2を取得済みの生徒もいます」と山本教諭は話す。

ジェイソン・デムステッダー教諭とスーパーイングリッシュコースの生徒たち
ジェイソン・デムステッダー教諭とスーパーイングリッシュコースの生徒たち

 SEC担当のジェイソン・デムステッダー教諭は、「SECの生徒は非常に意欲が高いです」と話す。「ただ日本人の特性として、人前で話すのが苦手な傾向があります。それを克服するため、授業はプレゼンテーションを中心に行います。好きなものや身近なことについて自分で調べ、意見も交えてiPadのスライドショーでスピーチする。繰り返すことで知識がより広がり、自分の言葉で考えを話せるようになります」

 SECの生徒には、他のコースの生徒よりも充実した海外研修が用意されている。中3でオーストラリアのメルボルンに3週間滞在し、語学研修や他国の学生と交流するプログラムを体験する。今年は新型コロナ感染症拡大のため中止されたが、高2でも3週間のアメリカ研修が組み込まれている。

英語苦手でも高校進学時までに得意科目になる

 こうして身に付けた英語力は、多くの卒業生の活躍を支えているという。

 「本校を訪問してくれる卒業生の多くが『秀明の英語のおかげです』と話してくれます。ある大学に進んだ卒業生は、留学時の基準ともなる『TOEFL iBT』で高得点を取り、海外研修に選抜されたと報告に来ました。『秀明で英語慣れしたので、面接も楽だった』と喜んでいました。また、現在歯科医の職にある卒業生は、学会での発表に秀明の英語が役立ち、大学で最年少の客員教授に就任したそうです」

 「入学時に英語が苦手であっても、高校に進む時点では『分かるようになった』と得意科目になる例が多いです」と山本教諭は強調する。「それは、苦手であっても『やらねば』という環境が学校全体にあることと、授業内外で訓練をする仕組みができているからです。 入学時に英語経験がなくても、本校で頑張ればかなりのレベルに上がれます。日英の経験豊かな教員と、頑張る環境が整った寮生活で、英語力向上と人間的成長を全力でサポートします」

 (文:上田大朗 写真提供:秀明中学校・高等学校)

 秀明中学校・高等学校について、さらに詳しく知りたい方はこちら

無断転載禁止
1373011 0 秀明中学校・高等学校 2020/07/31 05:21:00 2020/08/03 14:34:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200729-OYT8I50023-T.jpg?type=thumbnail

会員校一覧

東日本 共学校ページTOP

── 女子校ページTOP

西日本ページTOP

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ