創立80周年に向け「新コース制」と「入試改革」…昭和学院

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昭和学院中学校・高等学校(千葉県市川市)は、創立80周年を迎える2020年を機に、進路希望に合わせた五つのコースからなる「新コース制」を導入する。同時に入試制度も改革し、希望コース別の試験や帰国生入試を開始する。大井俊博校長に新制度の全容とその狙いを聞いた。

希望の進路に合わせて五つのコースから選択

新コース制の始動にあたり、受験生にメッセージを送る大井校長
新コース制の始動にあたり、受験生にメッセージを送る大井校長

 「スポーツで全国大会優勝を目指す生徒もいれば、勉強に打ち込んで国立大学合格を志す生徒もいる。または、スポーツと勉強を両立させて難関大学への進学を目指すなど、本校の生徒たちの目標は実に多様です。早い時期から興味関心のある分野の学習を深め、その成果を希望する進路の実現につなげていきたいということです」。大井俊博校長は、2020年に始まる「新コース制」導入の目的をこう説明する

 新コースは、国際感覚を磨き、海外で活躍する人材育成を目指す「インターナショナルアカデミー(IA)」、最難関国立大学受験に対応したカリキュラムを備える「トップグレードアカデミー(TA)」、難関国公立・私立大学受験に対応した「アドバンストアカデミー(AA)」、スポーツ・芸術の部活動で好成績を収めつつ難関大学合格を目指す「アスリートアカデミー(AA)」、総合的で柔軟なカリキュラムで学び、自分の進路を開拓していく「ジェネラルアカデミー(GA)」の五つに分かれている。

 2020年度の中1生は、「インターナショナルアカデミー」「アドバンストアカデミー」「ジェネラルアカデミー」の3コースに分かれてスタートする。このうち「アドバンストアカデミー」は、中3で「トップグレードアカデミー」「アドバンストアカデミー」「アスリートアカデミー」の3コースに再度分かれる。

 コースの変更は、中3進級時と高2進級時に可能であり、「ジェネラルアカデミーから始めたが、やはりアドバンストアカデミーで難関私大を目指したい」「海外大学進学を考えてインターナショナルアカデミーに入ったが、やはりアドバンストアカデミーで日本の国立大学を目指す」というふうに進路を設定し直すことができる。

 「生徒が自ら進路を選び、コース変更によって再チャレンジすることができるところに新コース制の特色があります。進路を明確にすることによって学習に対するモチベーションが高まると同時に、同じ目的を持つ仲間とともに学ぶことで、互いに切磋琢磨(せっさたくま)してくれることを期待しています」と、大井校長は話す。

インターハイに出場する一方で難関大学合格も目指せる

全国レベルの実力を持つ新体操部
全国レベルの実力を持つ新体操部

 「インターナショナルアカデミー」は日本人とネイティブの2人の教師の担任制とし、授業以外でも日常的に英語を話す環境を整える。欧米先進企業・大学視察研修を全員参加とし、海外大学への進学準備の指導も行う。

 「トップグレードアカデミー」では、東京大学をはじめとした最難関国立大学への合格を狙う。英、国、数3科目の教師による3人担任制であり、1学年20人前後の少人数で、一人一人の生徒に合わせたきめ細かい指導を行うのが特徴。さらに成績優秀者は「特待生」として授業料を免除する。

 難関国公立や難関私大進学を目指す「アドバンストアカデミー」では、基礎から応用まで網羅した質の高い授業や、特別講習などで、一人一人の学力を高めるサポート体制を整える。

 昭和学院は、新体操部、バスケットボール部、ハンドボール部など全国レベルで活躍する部活動で知られているが、そうした生徒たちをサポートするのが「アスリートアカデミー」。1日6時間の授業を集中して行い、部活動の時間を確保する一方で、練習後やオフの日にはチューター付きの自習室での学習に励ませる。「これまでも、インターハイに出場しつつ、筑波大学、早稲田大学、慶応大学などに合格を果たしてきた生徒が多数います。そういった生徒たちへのサポートを充実させていきたいと考えています」と、大井校長は話す

 また、時間をかけてじっくり進路を考えたいという生徒のために総合クラス「ジェネラルアカデミー」が用意されている。選択授業や教科横断型授業、ICT活用・プレゼンテーション学習などはすべてのコースに共通しているため、ジェネラルアカデミーの生徒も、これらの多様な学びを通して自分に合った進路の選択を行えるようサポートする。

入試方法をコース別に刷新、帰国生入試も初めて導入、

創立80周年を記念して刷新した中学の新制服
創立80周年を記念して刷新した中学の新制服

 同校は、新コースの導入に合わせて、さまざまな入試改革にも取り組む。中学の一般入試では三つのコース別に試験を行う。「インターナショナルアカデミー」の志望者は英・国・算のうち2科目、「ジェネラルアカデミー」の志望者は国・算、「アドバンストアカデミー」の志望者は2科・4科入試ないし適性検査型入試などで、それぞれ選抜される。

 また、同校としては初めて「帰国生入試」も導入する。中学入試では英語か算数から1科目を選択して筆記試験を行い、面接を受ける。大井校長は自身、シンガポールやタイ、インドネシアを訪れた経験から「現地で学んでいる日本人家庭による、帰国生入試の要望は非常に高いと感じました」という。「帰国生入試の合格者が、インターナショナルアカデミーで活躍してくれることを期待しています」

 一般入試の合格者には、筆記試験結果のスコアシートを合格通知書類とともに送るという新しいシステムも導入する。また、3回の試験のうち1回を午後入試とし、他校と併願しやすくしたり、2回目以降の受験料を免除したりするなど受験生の負担を軽くするための制度の工夫も行う。

 なお、創立80周年となる2020年を節目として、中高共に制服を一新する。学校のイメージを大きく変えていこうという意気込みがうかがえる。

 「新年度を迎えるに当たり、学校は大きな高揚感に満ちています」と大井校長は語る。「自ら進路を選択するというプロセスの中で、これからの時代に必要とされるリーダーシップ、問題解決能力、コミュニケーション力、主体性、多様性を受け入れる力、柔軟な思考力を養ってほしい。新コース制は、そんな期待を込めた学校からの熱いメッセージです。受験生の皆さんにぜひ、チャレンジしてほしいと考えています」

 (文・写真:足立恵子 一部写真提供:昭和学院中学校・高等学校)

 昭和学院中学校・高等学校について、さらに詳しく知りたい方はこちら

無断転載禁止
911091 0 昭和学院中学校 2019/11/26 05:21:00 2019/11/26 05:21:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191121-OYT8I50025-T.jpg?type=thumbnail

会員校一覧

東日本 共学校ページTOP

── 女子校ページTOP

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ