読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【特集】独自メソッドでの学びの先に世界水準の英語が見える…麹町女子

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 麹町学園女子中学校高等学校(東京都千代田区)は、独自の英語教育メソッド「アクティブイングリッシュ」によって世界標準の英語力養成を目指している。このメソッドには五つの柱があり、それに沿って日々の授業や定期試験にしっかり取り組むことでバランスよく4技能を伸ばすことができるという。メソッドの詳細や授業の実際、同校が考える英語教育の展望などを取材した。

日頃の英語の授業と定期試験の充実を重視

「アクティブイングリッシュ」を指導する特別顧問の安河内哲也氏
「アクティブイングリッシュ」を指導する特別顧問の安河内哲也氏

 同校は、英語教育に「アクティブイングリッシュ」という独自の教育メソッドを採用している。これは同校の特別顧問であり、文部科学省の「英語教育の在り方に関する有識者会議」の委員でもある安河内哲也氏と考案した手法で、生徒が主体的に英語を活用し、表現できるようになることを目標としている。

 安河内顧問によると、この教育メソッドには「音声教育の徹底」「ICTのフル活用」「チームティーチング」「アクティブラーニング」「モチベーションを上げる体験の提供」という五つの柱があり、これに合わせて英語4技能の向上を目指す実践重視の授業や定期試験の充実、生徒の主体性を高める取り組み、教員による授業改善などが行われている。

 「この五つの柱は『当たり前の英語教育を、学校で当たり前にやりましょう』ということを示しているに過ぎません」と、安河内氏は話す。

 この考え方の背景には、近年、私立中高で、ネイティブスピーカーによる授業や海外研修、オンラインによる英会話学習など、先進的な取り組みを前面に打ち出す傾向がある。同校も、海外研修や大学との連携など、校外での教育プログラムの拡充を図っているが、その前にまず、日頃の英語の授業や定期試験、使用する教材をしっかり充実させていこうという考えなのだ。

 同校の英語授業では、主に生徒によるペアワーク、グループワークを中心としたアクティブラーニングが行われ、教員が話す時間は最小限にし、生徒の言語活動を最大限にすることで、生徒の学習意欲を高めていくことを狙いとしている。また定期試験は、実用英語技能検定(英検)の出題形式に似た形で、英語4技能を均等に評価できるようにしている。

 「各種検定試験や今後実施される大学入学共通テストは、世界標準のCEFRに準じて英語能力を測定することを目的としています。本校もその方針に沿い、定期試験を4技能型のテストにしたことで、教室での指導方針と定期試験の内容が合致し、4技能の英語力の育成を目指すことができます。ひいては、世界で通用する英語能力の向上につながります」と安河内顧問は話す。

生徒それぞれの「個」に合わせた授業

「『個』に合わせることを心がけている」と話す英語科主任の堀美加教諭
「『個』に合わせることを心がけている」と話す英語科主任の堀美加教諭

 英語科主任の堀美加教諭に、教室での授業の様子や定期試験、生徒の学習への姿勢について聞いてみた。

 授業では、生徒が心がけるべき「Five rules」を決めているという。「Have fun(楽しむ)」「Keep smiling(いつも笑顔で)」「Be active(行動的に)」「Be creative(創造的に)」「Help each other(助け合って)」の五つだ。

 これらは「アクティブイングリッシュ」の五つの柱のうち「音声教育の徹底」「アクティブラーニング」「モチベーションを上げる体験の提供」に通じるものだろう。ペアやグループによる音読や会話といった活動が中心になり、教室内は生徒たちの発話でにぎやかになる。生徒同士が教え合うことで知識と技能の両面が深まり、思いやりや助け合いの心を育む効果もあがるだろう。

 「授業では、スピーキングの活動が終わったら、お互いに『Thank you』など感謝の言葉をかけるように促しています。小さなコミュニケーションが、英語スキルの向上だけではなく、クラスメートとの関係構築にもつながります」と、堀教諭は話す。英語の苦手な生徒もグループの中に入り、クラスメートに支えられながら前向きに授業に取り組めるようになるそうだ。授業参観した保護者からも、「生徒が積極的でにぎやかですね」という声を数多く聞くという。

生徒のスピーキング力を高める「スピーキングパスポート」
生徒のスピーキング力を高める「スピーキングパスポート」

 英語の定期試験は満点を100点とし、4技能が25点ずつ配点されている。スピーキングを促すために、「スピーキングパスポート」というスタンプ帳を作った。教諭が生徒の授業中での発言によりポイントを与え、最大25ポイントがたまるようになっている。この1ポイントは、そのまま定期試験のスピーキングの1点に換算され、評価される。

 このポイントは、ネイティブの教員が常駐している校内の英会話スペース「iLounge(アイラウンジ)」でも得られるチャンスがある。「iLounge」にいる教員の評価によってポイントが得られ、さらに点数に応じてラウンジ内の文房具や菓子と交換できる特典もある。

 このポイント制のスピーキングテストは生徒に好評で、英語に苦手意識を持つ生徒にとっても意欲と自信を高めるきっかけになっている。新型コロナウイルス感染拡大によって休校した時期も、「iLounge」はビデオ会議システムのZооmを通して生徒に公開され、ネイティブの教員とオンラインで自由に会話できたそうだ。

 ほかの3技能については筆記試験が課される。生徒はスピーキングと併せてバランスよく学ぶことが求められる。定期試験の出題範囲は、前回の範囲を含めて出題していく累積型であり、一度習った範囲を反復して学習し、習熟度を高めるようになっている。

 堀教諭は「本校の英語教育では、成績優秀な生徒や英語が好きな生徒に限らず、どの生徒も成長できる場を提供しています」という。具体的には習熟度別授業を採用し、英語が苦手な生徒にはアクティビティーを入れて英語になじんでもらう工夫をしたり、定期試験の成績が不振だった生徒に対しては、音読を中心とした通年講習を実施するなど、さまざまなフォローを行っているという。「本校の英語授業は決して生徒に優劣をつけるものではなく、それぞれの『個』に合わせることを心がけているのです」

英検への挑戦が生徒の心を奮い立たせる

ネイティブの教員と会話ができる「iLounge」
ネイティブの教員と会話ができる「iLounge」

 同校では、英検の受検も活発だ。2019年度の中1のグローバルコースでは、生徒の約75%が3級以上に合格し、そのうちの約40%が準2級を取得した。

 英検の受検は、生徒の英語力を高めるだけでなく、自己肯定感を高める効果や人格的な成長を促す面もあるという。1月に実施された第3回検定で準2級の合格を目標にしていた中1の生徒がいる。残念ながら合格はできなかったのだが、その保護者が「ふだん感情を表に出さない娘が、英検に落ちて悔しがっていました。そんな娘の姿を見たのは初めてです」と堀教諭に話したという。英検へのチャレンジが生徒の意欲を刺激したと言える。その生徒は今年度の第1回検定で再び準2級に挑戦し、1次試験に合格した。

 同校は今年度から「K-TOP」という、自学自習オンライン学習教材を導入した。この教材では英検やIELTS、TOEFL、TOEICといった英語検定試験の問題演習、単語や文法、ディクテーション、リスニング、リーディング、大学入試問題など広範囲で多彩なプログラムが用意されている。教材の量は約2000時間相当だといい、海外研修の準備や長期休暇中の課題としても活用を検討している。

 堀教諭によると、同校は今後、海外の大学との連携も視野に入れているという。「この新しい学習教材を活用することによって、日本の大学のみならず、進路先の選択肢が広がります。麹町から飛び立って、広い視野と倫理観、人間性を備え、自ら仕事を創り出せる人へと成長してほしいです」と堀教諭は話す。

 安河内顧問も「生徒にはグローバルマインドを持って、外国の先進的な技術や考え方を学び、世界に貢献できる人間になってほしいです」と語る。

 英語力は一足飛びには身に付かない。同校で日々の授業や試験を大切にして、一歩ずつ世界水準に到達してほしい。

 (文:三井綾子 写真提供:麹町学園女子中学校高等学校)

 麹町学園女子中学校高等学校について、さらに詳しく知りたい方はこちら

無断転載・複製を禁じます
1526017 0 麹町学園女子中学校高等学校 2020/10/08 05:01:00 2020/10/26 11:18:28 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201006-OYT8I50021-T.jpg?type=thumbnail

会員校一覧

東日本 共学校ページTOP

── 女子校ページTOP

西日本ページTOP

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)