教室で学べないものを学ぶクラブ活動…共栄学園

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 共栄学園中学高等学校(東京都葛飾区)は、「全人的な人間の育成」を目指し、学業とクラブ活動の「文武両道」を教育理念に掲げている。とりわけクラブ活動は盛んで生徒たちは教室で学べない多くのものを学んでいる。数あるクラブ活動から、今年クラブに昇格した競技かるた部と、インターハイの常連校になった少林寺拳法部について紹介する。

正式なクラブとしてスタートした競技かるた部

実戦練習は1試合最低1時間はかかる
実戦練習は1試合最低1時間はかかる

 2012年に同好会として発足した競技かるた部は、今年、正式なクラブとして承認され、新たな活動をスタートした。高3が引退し、現在は高2が3人、高1が8人、中学生が5人の計16人で活動している。

 「同好会時代には男子部員もいましたが、現在は全員女子部員です」と同好会時代から顧問を務める国語科の中山晋平教諭は話す。「人気連載漫画『ちはやふる』がテレビアニメになり、最近は映画にもなりました。女子ばかりのクラブになったのは、この影響かもしれません」

 部員たちの夢は「全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会」の全国大会に出場することだ。しかし、「かるたの甲子園」とも呼ばれる夢の舞台に出場することは簡単ではない。まず、都道府県単位の予選があり、その予選も競技者の実力によってエントリーできる試合に制限がある。同校の生徒たちがエントリーできるのは、東京都予選のA~FまであるうちのE級だ。

 「つまり、競技かるたのシステム上、全国大会出場はおろか東京都代表になるのにも、一足飛びにというわけにはいかないのです。でも、生徒たちは、一つでも上の級へ上がることを目標に日々の練習に励んでいます」と中山教諭は話す。

 正式にクラブ化して、いっそう熱が入った練習の結果、6月の全国高等学校文化祭の競技かるた東京代表予選会のE級で3人の部員が優勝を果たした。

 大会は、団体戦と個人戦がある。共栄学園の生徒は、1対1の個人戦に出場した。エントリーが多いので、一つのクラスをさらにいくつかのグループに分け、グループごとの勝ち抜き戦を行う。同校からはE級に8人がエントリーし、3人が優勝したという。

「実力は、正直な話、まだまだです」と語る競技かるた部顧問の中山教諭
「実力は、正直な話、まだまだです」と語る競技かるた部顧問の中山教諭

 「下位のクラスでの小さな優勝ですが、優勝は優勝。胸を張ってよいと思います。顧問の私も生徒たちと一緒に喜びましたが、何より生徒の自信につながりました。これが創部1年目での一番の成果です」と中山教諭は笑顔をほころばせた。

 中山教諭は顧問として、歌の意味の分からないところを教える、けがをさせないようにする、相手に対して礼儀とマナーを守る、この三つについて指導しているが、「生徒を信じ、クラブの運営には基本的に口は出さない」という。

 「クラブの運営を生徒たちに任せると、生徒たちに責任感と自己管理力が養われていくことが分かります。ある意味で、クラブ活動が生徒たちの学びの場になっているのだと思います」

 今回優勝した3人の中に、高2で部長の渡邊葵さんと高1で副部長の中村美穂さんがいる。渡邊さんは「試合で札を並べるわずかな時間に、どの札がどこにあるのかを覚えることが勝敗を分けます。競技かるたをする中で記憶力と集中力が自然と身に付いた気がします」と話す。

 また、中村さんは「部活の時間は午後4時半から7時半まで。中学生は6時半に下校する規則です。ダラダラしていると練習時間がなくなってしまうため、スケジュール管理の意識が高まりました」としている。

 2人とも競技かるたを通してさまざまなことを学んでいるようだ。中山教諭は「こうした自主的な学びが、新生競技かるた部のよき伝統となるように指導していきたいと思います」と語った。

武道であり、人格形成教育でもある少林寺拳法

練習メニューは生徒たちが自主的に決めている
練習メニューは生徒たちが自主的に決めている

 競技かるた部のような新しい文化系クラブが人気を集める一方、全国的に強豪として知られる女子バレーボール部をはじめ、運動部の活動も盛んだ。中でも少林寺拳法部は、2017年のインターハイ全国大会の女子単独演武で第3位に食い込むなど優勝を狙える実力を付け、注目されつつある。

 少林寺拳法部顧問の矢野将弘教諭(数学科)は、現在五段。東京都高等学校体育連盟少林寺拳法専門部で常任理事を務めている。

 「少林寺拳法を始めた学生時代から、少林寺拳法は武道でありながら、人間形成の教育でもあると感じていました。当校に赴任して間もなく、少林寺拳法を通じて精神面の教育を実践してみたいという思いで、学園に創部を希望しました」

「相手の存在を考慮する精神を養うための武道」と語る少林寺拳法部顧問の矢野教諭
「相手の存在を考慮する精神を養うための武道」と語る少林寺拳法部顧問の矢野教諭

 矢野教諭の熱意により、2004年に少林寺拳法部が誕生した。創部15年目となる現在、部員は25人。これまでに中高の6年間で三段まで昇段した生徒もいるという。

 現在、練習は週に3日。月曜と水曜は午後4時から午後6時まで。土曜日は午後1時半から4時半までとなっている。

 「部活の練習メニューは生徒たち自身が決めています。いつまでにどんな技を習得するのか、練習と休憩の時間配分をどうするか。私はこれを、生徒の自主性を養うアクティブラーニングの一環ととらえています」

 矢野教諭が顧問として力を注いでいるのは、部員が技の理論から外れた稽古をしている時にそれを修正することだ。「理にかなった体の動きをすれば、少林寺拳法の技は誰にでも習得できるようになっています。しかし、時には体の動きの理解が不十分で、運動神経のよい生徒にしかできないような練習をしてしまうことがあります。これではけがをしてしまう可能性があるので、しっかりと修正し、正しい体の動かし方を教えています」

 インターハイの少林寺拳法競技では、単独や組、団体で技の美しさを競う演武競技だけが行われる。自由に技を仕掛け合う乱捕り競技は行われない。

 今夏のインターハイでは昨年主将を務めた高3の鈴木敦賀さんと、教練(技を教える係)を担当した同じく高3の村田依鶴さんが女子組演武の部に出場した。

 2人は中学入学以来の親友で、2人とも白帯から始め、現在はともに三段。今年の少林寺拳法東京都大会の女子組演武の部で優勝している。同校は、女子団体演武の部でも同大会第2位の成績を収めている。

 鈴木さんが少林寺拳法を始めたのは、同じく共栄学園の少林寺拳法部に所属していた兄が全国大会に出場したのを見て、「兄ができるなら自分にもできるはず」と思ったからだという。

 「兄の演武を見たとき、簡単そうに思えたのですが、いざ自分がやってみるとなかなかうまくできずに悔しい思いもしました。先生や先輩は何も知らない私に根気よく技を教えてくださいました。自分のイメージ通りに繰り出せる技が一つ一つ増えていくのが楽しくて、気が付けば少林寺拳法にはまってしまった6年間でした」

 演武のパートナーである村田さんは、鈴木さんに誘われて体験部活に参加したとき、上級生たちの演武を見て、「熱気があって格好がいい」と思い、入部を決めたという。

 「私は高校2年生の時に教練という技を教える係を担当しました。下級生に対する技の教え方、伝え方に悩んだこともありましたが、教えてもらう立場に立って気持ちを考えながらどうにか役目を果たせたと思います。考えてみれば、私も、少林寺拳法を始めたころは今の下級生と同じように教えてもらったんだと改めて感じ、感謝の気持ちです」

教室では学べないことをクラブ活動で学ぶ

 優勝を目指して今夏のインターハイに臨んだ鈴木さんと村田さんだが、惜しくも決勝進出はかなわなかった。しかし、矢野教諭はOBや現役の選手に対し、次のようなメッセージを残した。「平成最後のインターハイが終幕致しました。今回、結果は悔しさが残るものでした。ですが、私の中では間違いなくナンバーワンの演武です! とても楽しい夏の夢でした。ありがとう! また、陰に日向にサポートして下さったスタッフの皆様には、心から感謝致します! 素敵な大会をありがとうございました!」

 全力を出し切った選手たちへのいたわり、選手を支えてくれた周囲の人たちに対する感謝の心が感じられる。「少林寺拳法は自分のことだけではなく、相手の存在を考慮する精神を養うための武道だと、私は解釈しています」と矢野教諭は話した。試合結果も大切だが、結果だけではなく、目標に向かって最大限の努力をする生徒たちの心、それを支える周囲の人たちの心、それらを大切にする指導者の心を感じることができた。

 学業と課外活動の「文武両道」を教育理念にうたう共栄学園にはこのほかにも多くのクラブ活動があるが、文化系、運動系の二つのクラブを紹介しながら、あらためてクラブ活動は、教室や教科書では学ぶことのできない人間性を高める学びの場だということを実感した。

(文・写真:山田雅庸)

 共栄学園中学高等学校について、さらに詳しく知りたい方はこちら

無断転載禁止
51874 0 共栄学園中学高等学校 2018/11/27 05:20:00 2018/11/27 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181121-OYT8I50068-T.jpg?type=thumbnail

会員校一覧

東日本 共学校ページTOP

── 女子校ページTOP

西日本ページTOP

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ