オンラインでの学びと礼拝で、今の危機を乗り越える…東洋英和

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東洋英和女学院中学部・高等部(東京都港区)は4月、新型コロナウイルス対策として、オンライン授業を開始した。各教科の教員らが工夫を凝らした授業動画を配信して学習量を確保しているだけでなく、ビデオ会議ツールを使って生徒たちの健康状態をチェックし、毎朝更新する動画で10礼拝の時間を共有するなどして、心のケアにも努めているという。

時間割通り、授業動画配信やオンライン授業も

「ICT環境が事前に整っていたためスムーズでした」と話す石澤中学部長
「ICT環境が事前に整っていたためスムーズでした」と話す石澤中学部長

 同校は4月13日以降、オンライン授業を本格的に開始した。中学生は各家庭のパソコンやスマートフォンで生徒用ページに配信されている授業動画や課題で学習を進める。高校生はノートパソコンの「クロームブック」を利用し、授業動画に加え、リアルタイムのオンライン授業も実施している。

 毎朝の礼拝の動画もホームページ上で配信していて、生徒はそれを見てから、7時30分から8時30分の間に「ごきげんよう報告」を学校に送信する。体温や体調、生活の様子などを報告し、その後は時間割通りの授業に入る。

 同校は現在の高3生が高1だった時に、クロームブックを配布し、ICTを活用した授業を進めてきた。昨年はビデオ会議ツール「グーグルミート」を利用し、外部のゲストを招いたオンライン授業を行った実績もある。

 「こうした環境が事前に整っていたため、4月13日からスムーズにオンライン授業を開始することができました」と、石澤友康中学部長は話す。

 また、同校の教員たちには、ICTにたけた多彩な人材がいる。緊急事態宣言に先立って休校措置が取られた3月から、教員たちは休校が長引いた際、どう対策するかを教科ごとに打ち合わせしてきた。こうした努力も、オンライン授業に移行できた大きな要因だ。

工夫を凝らしてさまざまな授業動画を制作

 石澤部長は「どのようにオンライン授業を進めるかは、各教員に任せています。教員も在宅ワークが基本になっていますから、黒板を自宅に置いて授業を進める教員もいれば、まるでユーチューバーのように動画を制作して授業をする教員もいます。あらためて先生たちの多様性に気付かされました」とほほ笑む。

 「本校の教員は、やる時はぐっと力を合わせて、生徒のためという目標に向かってやっていきます。教員全員でトラブルを共有し、知恵を出し合って解決しています。本校の教員は生徒のためなら、部長にもはっきり意見します。そういった風通しの良さを、生徒も感じているのでしょう。のびのびと授業に取り組んでいるようです」

他の教員の参考になるよう授業動画の制作方法の動画を作った高橋教諭
他の教員の参考になるよう授業動画の制作方法の動画を作った高橋教諭

 日頃からホームページを担当している高橋希穂教諭は、「オンライン授業開始にあたって、ICTが苦手な教員もいるので、授業動画の制作方法を動画にして、各教員に参考にしてもらいました。質問だけでなく、『もっとこうしてみたい』と要望もたくさんありました。また、動画はクラウドに残してあるのでお互いの授業を見ることもできます。すべての時間が研究授業のようになり、教員同士の刺激にもなっています」と話す。

 実際に授業動画を見せてもらった。中1の初回の英語の授業では、画面のカラフルな背景に英語が書かれ、右下のウィンドーに担当教諭2人の顔が映し出されている。「『Repeat after me』と言ったら、先生の発音を繰り返してください」などと指示が入って、画面が展開されていく。

 歴史の授業では、猫のパペットが活躍する。画面には、将軍徳川吉宗(よしむね)から家斉(いえなり)までの家系図が映し出されていて、猫のパペットがユーモラスに動き回って「寛政の改革」について教員の解説を手伝っていた。

黒板を背景に進められる数学の授業動画
黒板を背景に進められる数学の授業動画

 数学の授業では、教員が自宅で、自ら購入した黒板をバックに授業していた。教室での授業さながらに雑談も交えながら授業が進む。板書するところは画像を編集して早送りにするなど、生徒を飽きさせない工夫もあった。

 体育の授業では、運動不足が解消できるよう家庭でできるエクササイズを、体育の教員全員が実演して見せていた。動画に文字編集も加えて要領を分かりやすく伝え、楽しく取り組めるようになっていた。

 動画は授業1コマあたり最大20分。生徒は必要に応じて、動画を止めて問題を解いたり、理解できないところを繰り返して見たりするため、全体で1コマ40分から50分の授業になるという。

 こうした動画授業について、中1の生徒は、「自分のタイミングで動画を止めたり、繰り返し見たりできるところがいいと思います」と話した。「それでも分からないところがあれば、学習サポートデスクに電話をすると、先生から詳しい説明が受けられるので安心です」

 保護者も「休校が長引くにつれて不安も募るなか、子供にとっても親にとっても、オンラインで学校とつながっている安心感があります」と評価する。

 高3の生徒も、「グーグルミートを利用したオンライン授業では、クラスの生徒が一斉に画面に映し出されます。友達の顔が見えて、話もできるので、久しぶりに友達に会えたようでとてもうれしいです」と話した。「オンライン授業では普段の授業よりも逆に発言しやすくなって、受け身の授業ではなく、自分から授業に参加しているという意識が芽生えました」

 別の高3の生徒は、「政治経済のオンライン授業では、生徒各自の興味や関心のある分野について発表し、全員でディスカッションします。オンラインで友達と意見のやりとりができるのは、とても刺激になります」と積極的だ。この生徒は日本の林業について調べていて、日本で国産木材より外国産木材が多く使われている現状や、地球温暖化を防ぐため国産材をより多く使うにはどうしたらよいかを発表するという。

 こうしたオンライン授業への反応に石澤部長は、「4月にクラス担任が実施した電話面談では、多くの生徒や保護者から、『分かりやすい』『安心する』という声をいただいています」と話す。「今はまさに非常事態ですが、生徒には、こうした体験を通して大変な時でも乗り越えていく力を培ってほしいと思っています」

危機だからこそ礼拝を大切にする

毎朝ホームページで更新される礼拝の動画
毎朝ホームページで更新される礼拝の動画

 このようにICTを活用して授業を確保するほかに、「さらに大事にしているのは心のケアです」と石澤部長は話す。毎朝の礼拝後には「ごきげんよう報告」で生徒と連絡を取り、心の状態を確かめ、カウンセラーとも連携して相談できるようにしているという。

 また、「生徒にとって、隣に友達がいるという『学校』の意義がものすごく大きいとあらためて気付かされました」とも言う。「休み時間のおしゃべりなど、一見無駄に見えるものがとても大事なのです。今後は昼休みタイム、放課後タイムなどをオンライン上に設けるのも面白いと考えています」

 ホームページ上で毎朝更新されている礼拝の動画は、不安を抱えがちな生徒にとって心の支えとなっているという。パイプオルガンの音色が流れ、聖書の言葉を厳粛な雰囲気の中で聞き、お祈りをする。「学校の雰囲気が思い出されて恋しくなる」「心が落ち着いてありがたい気持ちになる」などの生徒たちの声が聞かれるそうだ。

 石澤部長は「新型コロナウイルスによって社会の価値観が揺さぶられている今だからこそ、聖書の言葉を通して、人間にとって生きる意味はどこにあるのか、一番大切なことは何か、を考えてほしいと思います。どのような事態でも礼拝はなくさない。それが東洋英和なんだと、生徒たちに分かってもらえると思います」と語った。

 (文:小山美香 写真:中学受験サポート 一部写真提供:東洋英和女学院中学部・高等部)

 東洋英和女学院中学部・高等部について、さらに詳しく知りたい方はこちら

無断転載禁止
1221602 0 東洋英和女学院中学部・高等部 2020/05/18 05:21:00 2020/06/01 10:38:05 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200515-OYT8I50013-T.jpg?type=thumbnail

会員校一覧

東日本 共学校ページTOP

── 女子校ページTOP

西日本ページTOP

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ