高まる医学部医学科志望に来春、新コース制度で対応…四天王寺

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 四天王寺高等学校・四天王寺中学校(大阪市)は今春、医学部進学を目指す「医志コース」の1期生が大学受験を迎えた。医学部医学科への合格者数は国公立で過去最高の67人、私大を加えると193人に達した。医学部志望者は年々増えてきており、同校は2021年春の入試から新たなコース制度で対応を図るという。今年の進学状況全般や新しいコース制度について稲葉良一校長に聞いた。

国公立大学医学部医学科に67人合格

 ――今春の大学入試では医学部医学科の合格状況がよかったそうですね。

「本校には理数科目を楽しんでいる女子がたくさんいます」と話す稲葉校長
「本校には理数科目を楽しんでいる女子がたくさんいます」と話す稲葉校長

 2020年春は、国公立大学医学部医学科への合格者数は67人で、本校の過去最高記録を更新しました。私立大学を含めた国公私立大学医学部医学科合格者数は193人で、高校別集計で全国1位と報道した週刊誌もあります。生徒たちは本当によく頑張ったとうれしく思っています。

 ――医歯薬系進学を目指す「医志コース」1期生が大学受験に臨んだ結果でしょうか。

 「医志コース」を今春卒業した生徒は24人で、うち10人が国公立大学の医学部医学科に合格しました。「英数2コース」の生徒も頑張り、理系の92人中、人数では2倍の19人が国公立大医学部医学科に現役合格しています。ただ、卒業者数と合格者の割合では、「医志コース」は40%強であり、「英数2コース」は20%ですから、医歯薬系進学に特化した「医志コース」の特性がはっきり出たと思います。「医志コース」の生徒にはこのほか、東京大学の理科1類を含め、3人が東大、京大に現役合格。慶応大医学部医学科にも合格者が出ています。

 もともと「医志コース」の生徒数は少ないので、合格実績を数で大きく引き上げるということにはなりませんが、その中身に注目してほしいと思います。

 ――「医志コース」での学びはどんな特徴がありますか。

大学の医学部や四天王寺病院を見学する生徒たち
大学の医学部や四天王寺病院を見学する生徒たち

 学習の進度が早いことです。先取り学習をして演習に力を入れます。また、キャリア教育として京都大、大阪大、大阪市立大の各医学部、そして四天王寺病院を訪問し、医療の最先端の現場を見学することもしています。この病院訪問は、「医志コース」以外からも参加者を募ります。「医志コース」でなくても医学部進学を目指す学びができ、結果、多くの生徒が医学部医学科に合格しています。

 現在、医学部で学ぶ卒業生から、「四天王寺中高で過ごした6年間に受けた、聖徳太子様の『和の御精神』に基づく仏教教育が、大きな力となっています」と聞かされたことがあります。本校は、四天王寺の境内にキャンパスがある仏教校です。医師は人の命と向き合う立場ですから、求められるのは学力だけではありません。仏の心を持った女子の教育は、2022年に100年を迎える本校の変わることのない基本です。

苦手教科を作らない女子に特化した指導

 ――教科指導で心がけていることはどんなことでしょうか。

 私は物理を教えてきたのですが、女子は理数系科目が苦手という通説に、真っ向から反対します。本校の女子生徒は理系進学希望者が多数を占め、理数科目をむしろ楽しんでいます。女子は真面目でコツコツと学んでいくので、一つ一つかみ締めて進めていく女子に合った指導をすれば、どんどん自信を付け、理解も深まっていきます。

 一般的に、理数系に苦手意識を持つと文転してしまうのです。文科系の分野に興味関心があるのでなく、苦手意識から理系進学を選択肢から外すのであれば、残念ですね。本校は女子校ですから、徹底して女子に向いた指導法を磨いてきました。勉強ができるから、優秀だからでなく、面白いからと、数3の微分積分や数列の問題に向き合っている生徒がたくさんいます。

 今年、「日本生物学オリンピック2019」で生徒が銀賞を受賞しました。生物学オリンピックに挑戦したいという生徒は毎年いて、自主的に勉強をしています。卒業生が自分の体験を生かし、指導に駆けつけることもあります。我々教員の指導だけでなく、校外のコンテストに挑戦していく先輩や医学部に合格していく先輩の姿を見て、「自分も挑戦できる」と、高い目標を自分のものにしていることも学びの大きな力になっています。先輩の存在は大きいですね。

中学2年時に「医志コース」を1クラスから2クラスに

現役大学生のアドバイスを受けながら自習に取り組む生徒たち
現役大学生のアドバイスを受けながら自習に取り組む生徒たち

 現在の「医志コース」1クラス、「英数2コース」2クラス、「英数1コース」3クラスの募集を、来春からは「医志コース」1クラス、「英数Sコース」1クラス、「英数コース」4クラスの募集とします。「英数Sコース」は科学・技術・工学・芸術・数学を学ぶSTEAM教育に、ネイティブスピーカーの教員による英語教育などを加えた文理融合の学びを展開します。最難関国公立大学の文系理系どちらも対応できる学力養成に力を注ぐとともに、海外大学への進学も視野に入れます。いろいろ挑戦したい人に向いていますよ。

 「英数コース」は苦手教科を作りにくい、習熟度に応じた授業で着実に学力を備えていきます。そして、2年進級時に「医志コース」と「英数Sコース」への移動の機会があります。

 中学2年時には「医志コース」2クラス、「英数Sコース」2クラス、「英数コース」は2~3クラスに編成します。「医志コース」だけでなく全てのコースから医学部合格者が出ており、中学入学試験の点数と大学合格とは関係がないことが分かっています。むしろ相関があるのは、中学2年時の成績です。中学生となって学習習慣を身に付けた生徒が伸びていきます。

 そこで、中学受験では備えが十分でなかった生徒も、入学後にしっかり学んでいくことで、自分らしい未来につながるコースへと制度を変えました。本校では宿題をこまめに出し、小刻みにノートを添削し、丁寧に生徒を見守っています。将来の夢に向かって勉強も学校生活もしっかり取り組みたいという受験生の挑戦を待っています。本校には、ほかにも「文化・スポーツコース」があり、世界で活躍できるアーティストやアスリートを目指して頑張る生徒たちがいます。本校は生徒の夢を全力で応援する学校です。

 (文・写真:水崎真智子 一部写真提供:四天王寺高等学校・四天王寺中学校)

 四天王寺高等学校・四天王寺中学校について、さらに詳しく知りたい方はこちら

無断転載・複製を禁じます
1482290 0 四天王寺高等学校・四天王寺中学校 2020/09/17 05:22:00 2020/09/17 17:03:57 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200916-OYT8I50024-T.jpg?type=thumbnail

会員校一覧

東日本 共学校ページTOP

── 女子校ページTOP

西日本ページTOP

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ