読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【特集】「次代のリーダー」を育てる寮の父親役、兄貴役…海陽学園

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全寮制の男子校・海陽中等教育学校(愛知県蒲郡市)では、寮内に生徒と起居を共にし、人生のアドバイザーとなる多くの社会人がいる。寮監にあたる「ハウスマスター」や寮の各フロアを担当する「フロアマスター」がそれだ。生徒たちは彼らに見守られながら先輩や後輩との人間関係を学び、「次代のリーダー」としての資質を身に付けていくという。彼らや生徒、広報・生徒募集部の先生の声を紹介する。

「もう一つの教育の場」で生徒を見守るハウスマスター

「生徒にスイッチが入る瞬間を見るのが楽しみ」と話すハウスマスターの梅田さん
「生徒にスイッチが入る瞬間を見るのが楽しみ」と話すハウスマスターの梅田さん

 同校では、寮のことを「ハウス」と呼ぶ。A棟からL棟まで12棟ある「ハウス」のうちF棟の責任者を務める「ハウスマスター」が、梅田浩樹さんだ。

 梅田さんが「ハウスマスター」に就任したのは5年半前だ。それ以前は国内外の銀行や証券会社で29年間働いてきた。3人の子供たちもそれぞれ独立し、「子育てがとても楽しくやりがいがあったので、やってみよう」と同校のハウスマスター募集に応じ、故郷の名古屋市に近いこの地で第二の人生を始めた。教員免許の取得が条件だったため、中高の英語と数学の免許を取り、50歳を過ぎて教育実習も経験した。

 梅田さんはF棟1階に住み、4年生と5年生(高校1、2年生に相当)の計59人の生徒を預かっている。「ハウスは単に寝泊まりする場所ではなく、もう一つの教育の場です。ハウスマスターの仕事は、ガイダンス、カウンセリング、コーチング、つまり、生徒たちを導いて、相談に乗って、励ますことです」と、自分の仕事を説明する。

 ハウスには毎年、小学校を卒業したばかりの新入生が入って来る。「親元を離れたばかりでヨタヨタしているのを、大丈夫かと励ましながら、洗濯や掃除を始めとして一人前に自立できるよう導いていきます」。勉強の進み具合もそれぞれだ。英検準2級に受かっている生徒もいれば、アルファベットさえおぼつかない生徒もいる。「ついていけません」と初めから挫折しそうな生徒を「大丈夫。スタート時点が違うだけだから、すぐに追いつく」と励まし、アルファベットの書き取りの面倒を見たこともあったそうだ。

「生徒にスイッチが入る瞬間が楽しみ」

 梅田さんは日頃から生徒たちのしぐさや表情にさりげなく目を配っているという。「毎日見ていれば、明らかに元気がないとか、不機嫌だなと分かります」。ハウスに帰ってきた生徒に、「お帰り」と呼びかけると、ムスッとしていたりショボンとしていたりということがある。そんな生徒を見かけたらすぐに声をかける。将来の進路に悩む生徒の相談にも乗る。「24時間200日ぐらい起居を共にしているので、『この生徒はこんなことに向いているんじゃないかな』と感じてアドバイスすることもあります」

 思春期だけに、生徒たちの「いたずら」に手を焼くこともしばしばだ。ある日の深夜、ハウスの火災報知機が一斉に鳴った。駆け付けてみると、生徒たちが焼き肉をしていたという。報知機が反応しないようにガムテープで目張りしていたものの、煙がもうもうと立ち込めていた。「やっぱりダメだったじゃん」と気落ちした生徒のつぶやきに思わず笑ってしまい、強くは叱れなかったという。

 そうした苦労のエピソードを話す時も梅田さんはどこか愉快そうだ。「生徒が化ける、スイッチが入る瞬間を見るのが楽しみ」という。

 嘘をつくことが多く、周囲から浮いているように見えた生徒に「相手の立場ならどう思うだろう」と懇々と説いたことがあったという。それを機にこの生徒は少しずつ態度を改め、2、3年後には仲間としっかり付き合っていけるようになった。おとなしい生徒が突然、柔道部に入って体を鍛え、精神的にもたくましくなって東京大学に現役で合格したこともあった。「スイッチが入るきっかけは、小さな成功体験だったり、生徒間のトラブルだったり、千差万別です」

 梅田さんが生徒に伝えたいことは、「ノブレス・オブリージュ」だという。「幸いなことに日本では戦争は起きていないし、食べるに困る貧困もない。海陽で学ぶ君たちは恵まれた環境にいるんだから、力を尽くし、将来何らかの形で社会に貢献できる存在になってほしい」。そんな思いを伝えたいそうだ。

身近に接し、社会人経験を伝えるフロアマスター

「彼らのことをリスペクトしています」と話すフロアマスターの二木さん
「彼らのことをリスペクトしています」と話すフロアマスターの二木さん

 ハウスマスターが生徒の「父親役」だとすれば、「母親役」や「兄貴分」として生徒とより身近に接するのが各階を担当する「フロアマスター」だ。同校の理念に賛同した企業から派遣される若手ビジネスマンがその任に当たる。二木裕作さんはラグビートップリーグ・トヨタ自動車の元ラガーマンだ。同校に派遣されて2年目で、2、3年生計19人の面倒を見ている。

 昨春、二木さんは着任早々驚かされたことがあったという。入寮したばかりの1年生の部屋からすすり泣きの声が漏れてきたからだった。ドアをノックして「どうした」と尋ねると、「寂しいです」「お父さん、お母さんがいないんで」という声が返ってきた。そこで「少しだけ話をしようか」と話をしているうち夜更けとなり、二木さんは知らぬ間に生徒の部屋で眠りに落ちてしまったという。

フロアマスター(左)と談笑する生徒たち
フロアマスター(左)と談笑する生徒たち

 二木さんは生徒たちに敬語で話しかける。それは「彼らのことをリスペクトしている」からだという。親の意向はあるにせよ、生徒たちは同校への入学を決め、ハウスで暮らし始める。「洗濯、部屋の整理整頓、勉強も自分からやらないといけない。僕だったら小学校を卒業して、親元を離れてここに来るなんて無理です」。自分がニュージーランドにラグビー留学した経験から二木さんはそう話す。

 二木さんを始め、社会人経験のあるフロアマスターたちが週末、生徒たちにさまざまな話題を提供する場がある。2006年の開学当初からハウスで続いている「ソサイエティ」の時間だ。二木さんは、昨年のラグビーワールドカップ日本大会で盛り上がった時に、注目選手や簡単なルールを紹介した。また、自らの選手時代に触れ、けがに苦しんだ経験から、どんなトレーニングやストレッチをしたらいいかをテーマに話した。運動部の生徒たちは目を輝かせて耳を傾けたそうだ。

他人の意見を聞いて取り込んでいくリーダー

 生徒たちはハウスでの生活をどんなふうに感じているのだろうか。「集団生活に憧れていた」という5年生の宮崎(みやざき)漠久(ばく)君は入学当初、「バディ」としてマンツーマンで指導してくれた1学年上の先輩の存在が心強かったという。「先輩がめちゃくちゃ優しかったので、不安が払拭(ふっしょく)されました」

 1学年上の別の先輩にも影響を受けた。「科学の甲子園に出たり、生徒会活動をしっかりやっていたり、すごいなと尊敬していました」。自身も昨夏、韓国の有名進学校・ハナ高校で毎年行われている高校生国際シンポジウムで発表した。今春は同校へ短期留学の予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で行けなくなってしまったといい、残念そうだった。

「相手の話を聞いたり、他人の意見を取り込んでいく力が大事」とリーダー像を語る近松教諭
「相手の話を聞いたり、他人の意見を取り込んでいく力が大事」とリーダー像を語る近松教諭

 広報・生徒募集部長の近松貴史教諭は、寮生活の人間関係が生徒に及ぼす影響についてこう語る。「自分を主張し過ぎてもダメだし、相手の話を聞いているだけでもダメ。ちょうどいい頃合いを見極める力、折り合いをつける力というか、他人を思い量る力が徐々に身に付いていくんじゃないでしょうか」

 同校が全寮制を採用しているのは、「次代のリーダーを育てる」ため欧米のリーダー養成校にならったからだという。そのリーダー像について近松教諭は「リーダーというと、人前に立って指揮したり、まとめたりと思いがちですが、本校が求めるリーダー像としては、しっかり相手の話を聞いたり、他人の意見を聞いて取り込んでいく力が大事なんじゃないかと思っています」と話す。

 この考え方を取り入れた新しい入試が2021年度募集で導入される。国語、社会、理科から出題する「視聴型総合問題」だ。文章の朗読をしっかりと聴き取り、意見を表現できる力を確かめたり、映像を見て、それが伝えようとしている情報をとらえ、論理的に思考、表現できる力を確かめたりする問題だ。近松教諭は「他人の話を聞き、他人と協調して何かをする芽を少しでも持っている子に入学してほしいという思いです」と語る。

 先ほどの宮崎君は「1年生の時は、結構とんがっていた」そうだ。それが梅田さんに「どんなに嫌な相手でも、同じ屋根の下で暮らさなきゃいけない。これを乗り越えないと何もうまくいかない」と諭されて自分を見つめ直し、現在は硬式テニス部の部長を務めている。「お互いのことがだんだん分かるようになってきたので、いろいろと話し合ったり、解決したりできるようになりました」

 親元を離れて人間関係にもまれるのは厳しい経験だろう。でも、それだけに寮での生活は子供たちを一回りも二回りも成長させてくれるようだ。

 (文・写真:井澤宏明 一部写真提供:海陽中等教育学校)

 海陽中等教育学校について、さらに詳しく知りたい方はこちら

無断転載・複製を禁じます
1649104 0 海陽中等教育学校 2020/11/27 05:01:00 2020/11/27 05:01:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201124-OYT8I50020-T.jpg?type=thumbnail

会員校一覧

東日本 共学校ページTOP

── 女子校ページTOP

西日本ページTOP

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)