読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【合格応援団】勉強した時間を把握 安心材料に…富士見

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 一足先に大学受験を乗り越えた先輩たちに、合格までの道のりを振り返ってもらいました。最高の春を迎えるため、残された時間をどのように過ごせばよいのか? 先輩たちの戦い方を参考に、焦らず着実に、合格への歩みを進めよう。

中村咲里さん 富士見高校(東京都練馬区)→立教大学現代心理学部

Q)受験期は、どのように過ごしていましたか?

A)3年になる前の3月頃から受験勉強を始めました。それからは、前日のうちに翌日の勉強計画を決め、終われば実際に勉強した時間を手帳に書き込んでいきました。

 志望は私立文系で、受験科目は英語、国語、世界史の3科目。苦手だった英語は毎日()れるようにし、朝と()る前には単語やイディオムを覚えて、長文も必ず1問は読みました。英語の民間試験で一定以上の成績があれば英語の試験が免除される大学・学部では、進んでそれを活用しました。

 ダンス部の引退が高2の11月だったので受験モードになったのは早かったのですが、過去問に取りかかれたのは3年の秋頃から。それでも、なかなか正解できず不安でしたね。

Q)本番にはどのように臨みましたか?

A)極度(きょくど)の方向音痴(おんち)なので、時間にはかなり余裕を持って会場に向かいました。初めての本番だったセンター試験の日も迷いましたが、かなり早く家を出ていたので間に合いました。

 試験会場には、学校や塾の授業内容や間違えたところを書き込んだノートと英単語帳を持ち込んで見返していました。

音楽聞くのは逆効果の場合も

Q)受験生にメッセージを!

A)ほかの人のほうが勉強しているように感じたり、天才に思えたりして不安になることもあると思います。私は手帳に書いた勉強時間を見返して「大丈夫」と言い聞かせていました。勉強の成果が見えるようにしておくといいと思います。

 気持ちを落ち着かせようと、試験開始まで音楽を聴く人もいるかもしれませんが、()けたほうがいいでしょう。私は模試で、頭の中でメロディーが流れる失敗があったので、音楽は聴かないようにしました。

 (読売中高生新聞2020年12月18日号から)

 富士見中学校高等学校について、さらに詳しく知りたい方はこちら

無断転載・複製を禁じます
1719750 0 富士見中学校高等学校 2020/12/25 07:00:00 2020/12/25 07:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201222-OYT8I50048-T.jpg?type=thumbnail

会員校一覧

東日本 共学校ページTOP

── 女子校ページTOP

西日本ページTOP

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)