豊島岡の冷静と情熱の間の合格発表…辛酸なめ子<3>

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

静かな中、シャッター音が響く発表会場
静かな中、シャッター音が響く発表会場

 合格発表のイメージというと、悲喜こもごもが入り混じり、受かって喜ぶ人、うなだれる人、そして突発的に始まる胴上げ、といった感情が渦巻いているシーンを連想します。でも、昨今の合格発表は意外と静かです。

 都内の超人気進学校、豊島岡女子学園の合格発表を見学させていただいたのですが、朝9時、集まってきた父兄や女子にそこまで緊張の色はなく、淡々としていました。合格発表といえば、会場に行く一歩一歩が吐き気との戦い、くらい緊張していた記憶ですが、今やネット社会で発表形式にも変化が。ほとんどの学校で、前日に既にウェブで合格発表しているようです。豊島岡もその例にもれず、すでに結果を知っていて今回発表を見に来るのは確認のため、とのこと。不合格の人は基本的に見に来ないそうで、番号が掲示された2号館と3号館をつなぐスペースには静かな喜びがうずまいていました。むしろ不合格だった人は、本日2回目の入試を粛々と校舎内で受けたり、明日の3回目を申し込んだりしているのでしょう。合格した女子たちの喜びの気配に鼓舞されながら……。

 合格者と繰り上げ合格候補者の数字がプリントされた模造紙が貼られたスペースは、撮影大会のようになっていました。番号をスマホで連写するお父さんもいます。でもほとんどは、自分の番号を指さして撮影するパターンでした。今日来られなかった娘さんの代わりに、お母さんが番号を指さしてる場面も。繰り上げ合格候補者のリストをひっそり撮影するお母さんもいました。繰り上がることをお祈りいたします。

1

2

3

18187 0 マナビレンジャー 合格への道 2018/02/19 05:20:00 2018/02/19 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180209-OYT8I50013-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ