女子校フリーダム…辛酸なめ子<14>

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

そのやらかし、都市伝説レベルか

歌舞伎町のホストと遊んだお嬢様学校の生徒がいた?(写真はイメージです)
歌舞伎町のホストと遊んだお嬢様学校の生徒がいた?(写真はイメージです)

 先日、某女子アナのテレビでの発言がネットニュースになりました。慶応女子出身のそのアナは、高校時代悪さをして反省文を書かされたそうです。透明感漂う知的なルックスとのギャップを感じました。書かされた理由については「言えない」とのことだったのですが……。自由な校風の慶応女子で反省文とは何をやらかしたのでしょう? 慶応女子出身のAさんに会う機会があったので聞いてみました。すると……

 「私もそんなにほめられた生徒じゃなかったけど、反省文を書かされたことなんてなかったですよ。お昼にピザを取ったこともあったけど、先生に注意されたくらいです。あと、教室にエロ漫画が置いてあって授業中読んでる子もいたけどとくに注意されなかったですね。カンニング? 反省文というよりふつうに赤点になるんじゃないですか?」とのことでした。

 「その女子アナはよっぽどのことをしたのか、もしくは私が卒業してから急に厳しくなったのかも」と、Aさん談。あのキュートなルックスでどんなことをしたのか想像が膨らみます……。

 落ちこぼれ気味だった私も、中高時代悪事まではいかないですが、ちょっとした冒険をしたことはありました。友人何人かで、見回りの人をやり過ごして学校に泊まり込んだことも(結局学校が好きなのかもしれません)。翌日、寝不足で廊下で寝ていたら、数学の女性教師にホウキで追い立てられたことを覚えています。友人は、学校のガラスを割ったりして、卒業して四半世紀()つのに、同窓会で先生に「あなた!いたずらばっかりしてた悪い子!」と言われたそうです。40代で悪い子呼ばわり。ただ、JGは校則がかなりユルかったので、締め付けられて反動で悪事に走る、ということはなかったです。

 お嬢様学校で、問題になる行動とはどんなことなのでしょう。某お嬢様学校で世間知らずの女子が歌舞伎町のホストにハマって先生にバレて大変だったという話を卒業生から聞いたことがあります。厳しい女子校では、プリクラが先生に見つかっただけで推薦が取り消されるとか、冬に薄いタイツをはいていると始末書を書かされるとか、フラストレーションがたまりそうです。都市伝説の域ですが、ひざの裏側を見せてはいけないとか、自然の姿を保つためわき毛を()ってはいけない、といった女子校のルールも聞いたことがありました。

憧れの名門女子校は意外とフリーダムな楽園

スリルを楽しみたくて早弁をやったことも(写真はイメージです)
スリルを楽しみたくて早弁をやったことも(写真はイメージです)

 お嬢様学校として名高い、日本女子大付属高校出身の知人Sさん(20代)に、話を聞く機会がありました。勝手に校則が厳しそうだと思っていたのですが、「校則はほとんどなくて自由ですよ」とのこと。

 「すごい自由で、授業中カルボナーラを食べてる子もいました。周りは動じていなかったです。たしか親が偉い人でした」

 私も授業中、早弁を何度かやりましたが、今思えば、あえて授業中食べる必要性はどこにもなかったです。ただスリルを楽しみたかったのだと思います……。日本女子大付属の場合は、平和で悪いことをする子もいなかったとか。

 「不良や悪い子はいません。いじめもなかったです。ムカついて軽く無視する、くらいはありましたが。平和な雰囲気で、万引とか盗難もありませんでした。私服もOKで自由な校風でした」と、Sさん。大学までエスカレーターで行けて居心地も良いなんて羨ましいです。

 そしてこの学校でもお昼にはフリーダムな光景が。

 「お昼休みにピザとか出前を取る子もいました」

 この行為は、自由な校風でさらにお金持ち、という条件を満たしていないとできません。ピザとかデリバリーとか単価が1000円以上します。安いパンを2個くらい食べていた自分には出前なんて発想ありませんでした。

 「ちょっと悪い子といえば、先生に怒られない代わりにジャニーズに怒られていた同級生もいました」

 ジャニーズに叱られる? どういうことなんでしょう。

 「その子はKis-My-Ft2のSのファンで、毎朝Sが登校するのについて行ってました。たしか都内の別の学校だったんですけど。それでSに怒られて、毎朝『Sに怒られた~』って(うれ)しそうに遅刻してきました」

 学校が自由だと、怒ってくれる存在は貴重です。ちゃんと怒られるとそれだけ真剣に考えてくれてる……と思って余計好きになりそうです。

 「当時はジャニオタとテニプリオタが多かったですね。授業中みんなこっそりサントラ聴いてキャーとか言ってました」

 と、楽しそうすぎる女子高生活を教えていただきました。大学付属校の余裕も感じます。

 ちなみに男女交際は盛んだったのでしょうか。

 「うちの学校はあまりないですね。周辺の男子校は偏差値が低めだったので釣り合いがちょっと……。そもそも男女交際に興味ない子が多かったです」

 と、名門校のプライドの高さを漂わせました。

 以前、モテ系の女子校で、派手目のグループがテリトリーの男子校を決めている、という話を聞きましたが、男性を取り合うのは人間関係のトラブルのもとです。そのようなもめごともなく、大学受験も基本ないので殺伐としていない、恵まれていて性格が良い子が多い、という素晴らしい環境です。でもあまりにも女子校がフリーダムで快適な楽園だと、社会人になった時に現実の厳しさとのギャップを痛感してしまうかもしれません……。

 ちなみに取材してわかったのは、生徒が精神的に大人で自立心があれば、校則がユルくてもなんとかなる、ということと、全ては二十年くらい経てば、黒歴史も含めて良い思い出になる、ということ。ちょっとした悪事も武勇伝として語り継いだりできるので人生にムダはありません。

プロフィル
辛酸 なめ子( しんさん・なめこ
 漫画家・コラムニスト。東京都生まれ、埼玉県育ち。武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。近著は「大人のコミュニケーション術」(光文社新書)、「おしゃ修行」(双葉社)、「魂活道場」(学研プラス)など。

無断転載禁止
405348 0 マナビレンジャー 合格への道 2019/01/28 09:51:00 2019/01/28 09:51:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190124-OYT8I50118-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ