中学受験、夏休み前のモヤモヤ解消法…佐藤亮子

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

昔も今も夏が「天王山」

 今年も夏休みがやってきます。毎年来ることが分かっていても、受験生の夏休みは特別ですよね。夏休みが終わると秋になり、募集要項だの願書だの生々しい話が出てきて、「おー! いよいよ本番が近づいてきたぞ」という感じになります。秋になったとき、胸の中を秋風のような不安がヒューとよぎることのないようにしたいものです。受験が近づいてきた時に感じるあのなんとも言えない「不安」は、本番の時の「あせり」に直結しますので、秋にはそこそこの「自信」を持っておけるようにしておくことですね。

 秋からの「自信」を獲得するために、夏休みの過ごし方が非常に重要になります。受験生にとって、昔も今も夏が「天王山」と言われる所以(ゆえん)です。

 夏が近づいてきて、夏期講習のパンフレットを目にすると、親も子もなんだか、「モヤモヤしてきて気持ちが落ち着かなくなる」という声をよく耳にします。気持ちは分からなくはないですが、モヤモヤしたままで夏休みに突入するのはまずいですね。

「モヤモヤ」の原因を具体的に整理しよう

 まず、その「モヤモヤ」している原因をいくつか具体的に考えてみましょう。

(1)親は夏に子供を頑張らせようと思っているのに、なんだかモヤモヤ。

 ・このような精神状態になるのは、受験生の親としては当然のことです。まず、具体的な計画を立ててみましょう。子供と一緒にきちんとやるべきことを紙に書き出す。この書くという行為は、人を落ち着かせます。「夏は頑張らないとね!」「ちゃんとやりなさいよ!」と言葉だけで精神論を語っても子供をイラつかせるだけですよ。まず、科目別に具体案を練っていきます。

 例えば、算数の「単位換算」が苦手だとすると、「単位換算」の練習のためのプリントを毎日用意しておく。15分くらいで終わる程度のものにして全てのプリントに、やる日付を書いておく。まとめてクリアファイルに入れて保存する。

(2)子供がまだ受験生としての当事者感覚がなく、のんびりとしているのを見てモヤモヤ。

 ・これは、どの子もほぼ同じです。小6といっても実は、まだまだ小さな子供なのです。小学校では、最上級生なので、親は勘違いしてしまいます。私も、長男が小6のとき、大きくなったなあと思っていましたが、灘中に入学して驚きました。中高一貫の灘中の体育祭でのことです。運動場に中1から高3まで生徒がずらりと並んだのを見たとき、中1の我が子は一体どこにいるのかと思うほど、中1の生徒は小さかったのです。高校生の大きいこと。中1なんて、可愛(かわい)いひよこのようでした。体の大きな上級生に埋もれてしまっている小さな我が子を見て、「こんなに小さいのに、あのような大変な受験に立ち向かって頑張っていたんだね」と改めて思いました。入学したら、皆さんも実感されると思います。だから、今は大きく見えるけど、本当はまだ幼い子供だと再認識して受験に寄り添ってあげてください。

(3)成績がいまいちでこのままでは、志望校に届かない。

 ・テストの間違いの傾向をつかみ、悪い癖を直すことです。とりあえず志望校の名前は考えないでおきましょう。(ひそ)かに目標にするのはいいのですが、常に口に出すと子供を追い詰めてしまいます。

(4)計算間違い、漢字、知識分野などのつまらないミスがまだ多くてモヤモヤ。

 ・これらのことは、実は一番心配しなければならないことで、一刻も早く直さないといけません。つまらないミスというのは、得点できていた問題なので、重大な欠点です。本番の不合格に直結するのがこの三つです。毎日「漢字3個」とノルマを決めるなどして、夏休みにこそつまらないミスを退治しましょう。

(5)学校の宿題などが多く、受験に関係ないことで子供が忙しいのにモヤモヤ。

学校の宿題で忙しく親も子もなんだか「モヤモヤ」することも
学校の宿題で忙しく親も子もなんだか「モヤモヤ」することも

 ・これも悩ましい問題ですよね。受験の合格を第一に考えると、やはり受験勉強が先決になります。学校の勉強も受験に役には立ちますが、宿題などに多くの時間をかけるのは得策ではありません。学校のものは、分けて少しずつ塾の宿題の合間に要領よく済ませることです。

(6)受験まではまだ時間があるようでないようで、なんでも出来そうで、でももう間に合いそうになくて……と心配が先にたってモヤモヤ。

 ・心配だけしてもなんの役にも立たないので、まず、受験日まで何日あるのか数えてみてください。その日数から、行事などで全く勉強ができない日を引く。とりあえず、8月31日までで、寝る時間、ご飯の時間、お風呂、通塾の時間など勉強に使えない時間を「分単位」で割り出し、全部で何分あるのかを具体的につかむ。使える時間を目いっぱい使うように計画を立てる。やるべきことがはっきりすると、心配はスーッと消えていきます。

(7)自分が中学受験を経験していないので、やり方がはっきり見えず、不安になりモヤモヤ。

 ・知らないことは、あらゆるところから情報を集めて自ら分析するしかないですね。人任せにしない。経験者のお母さんから話を聞くのはかなり有効です。くよくよ悩まずに塾の先生にも相談してみてください。当時、私も勉強のやり方などを塾の先生によく相談していました。先生から、「そのやり方で大丈夫ですよ」とお墨付きをいただくと安心してそのやり方で突っ走れます。

12月までのスケジュールを親子で確認する

 要するに、受験について親も子も、頭の中を具体化することです。「モヤモヤ」の主原因は、具体性の欠如です。

 第1志望から第5志望までの学校を書き出してみる。それぞれの学校の入試の内容の詳細を調べる。6年時の成績を整理する。何が苦手で何が得意かを考える。それぞれの科目で、あと何点くらい取れば、受験校の合格者平均点に届くのか計算する(この場合、合格者最低点ではなく合格者平均点というところに注意。なぜなら、最低点は変動するのでそれを目指すのは危険。平均点をとる実力があれば、問題の傾向が多少変わろうが落ちる心配はないので、平均点を目指すこと)。

 今年の12月までのスケジュールも一度、親と子でノートに書き出す。そのノートに書いたことを守れば、必ず合格することを親子で確認する。

 と、いうようなことでしょうか。

 夏休みを前にモヤモヤしている受験生とその保護者の方、ぜひ頭の中を受験一色にして、一歩一歩前に進みましょう!

プロフィル
佐藤 亮子( さとう・りょうこ
 大分県生まれ。津田塾大学卒業。高校の英語教師として勤務。結婚して長男、次男、三男、長女の4人の子を育て、4人とも、東京大学理科三類に進学する。現在、受験に対する親の心構えなどをテーマに講演活動を行っている。

無断転載禁止
625760 0 マナビレンジャー 合格への道 2019/06/10 05:21:00 2019/06/10 05:21:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190606-OYT8I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ