読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

オンライン就活の「落とし穴」/読売新聞東京本社人事部採用担当 石川剛

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「就活コラム」は、ブンナビ×読売新聞 就活会員事務局が配信している「読売新聞 就活メルマガ」から、就活の最新事情に詳しい人事部や教育部、経済部などの記者が書き下ろしたコラムを採録しています。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、就職活動は大きく様変わりしました。一言でいえば、対面の機会が激減し、オンラインでのイベント、面接が主流となりました。

 「そんなの当たり前だ!」。ご指摘はもっともです。

 ただ私は、「就活のオンライン化」によって、就活生の皆さんが何を得て、何を失ったのかを考え直すことは、これからの就活を勝ち抜く上で重要なことだと思っています。「コロナ以前」の就活を知る私だからこそ、皆さんにお伝えできることがあるはず。そう思ってこのコラムを書いています。

オンライン化はメリットだらけ

 感染予防を主な目的として始まったオンライン就活ですが、実際にやってみると、就活生には以下のようなメリットがありました。

 ・「訪問コスト」が大幅減
 ・拘束時間が短く、時間を有効活用できる
 ・地方在住のハンデがなくなった
 ・「対面」よりも緊張しなくて済む

 オンライン化は就活生だけでなく、実は企業側にも恩恵をもたらしました。

 ・大規模な「合同説明会(合説)」への出展料削減
 ・イベントや面接の会場・控室などを手配する手間が不要
 ・リアルイベントでは絶対に必要な「案内係」「誘導役」などの社員の負担減
 ・地方開催イベントへの出展抑制

 つまりオンライン化は、就活生・企業双方にとってメリットが大きいのです。このため、国内の新型コロナウイルス感染が下火になったとしても、「就活のオンライン化」に歯止めはかからないだろうと私は考えています。もう「コロナ以前」に戻ることはないのです。

失われた「偶然の出会い」

 一見、良いことずくめにみえる「オンライン化」ですが、コロナ以前から就活をみてきた私には、見過ごせない大きな二つの「落とし穴」が目につきます。その一つが、「偶然の出会い」が失われたことです。

 コロナ以前は、東京ビッグサイトなどの大規模会場を舞台に、数十から数百の企業がブースを出展する「合説」が盛んでした。就活生は目当ての企業の説明を聞くために足を運ぶのですが、そこでは、自分がそれまで知らなかったり、あまり関心を持てていなかったりした企業もブースを設けていました。

 「あれ? なんだかここの社員はいきいきしているなあ」

 「こんな仕事も面白いかも……」

 そんな企業との出会いをきっかけに、見識を深めたり、自分の適性を考え直したりする就活生も多かったのです。

 もちろんこのコロナ禍でも、合説は開かれています。しかしその多くはオンラインで、関心を持った企業のブース(ブレイクアウトルーム)を訪れる方式です。このため、目当ての企業以外のことを知るチャンスはほとんどありません。

 みなさんがオンライン合説に参加する際には、自分が知っている企業、興味を持っている企業だけでなく、意図的に自分が知らない企業や業種のブースものぞいてみてください。もしかしたら、そこに「将来の就職先」があるかもしれません。

「決め手」を探せ!

 二つ目の「落とし穴」は「最後の決め手を欠く恐れがある」ということです。もちろん情報収集はオンラインでも可能です。でも、たまたま出会った社員の人柄だったり、インターンシップで一緒になったほかの就活生の熱心さだったり、清掃が行き届いた社屋内の清潔感だったり、そうした言語化が難しい「雰囲気」のようなものまでは、十分に知ることができません。最終的な就職先を選ぶ際に、業務内容や待遇を比較しても決めきれないこともあるでしょう。

 そんな時、「言葉にならない雰囲気」が背中をポンと押してくれるケースが少なくありません。そうした「最後の決め手」が得られないことは、オンライン就活最大のデメリットです。決め手を欠いたままだと、せっかく内定が決まっても「自分は本当にこの会社でいいのか……」と悩み続けることにもなりかねません。

 ですから、対面でのイベント、インターンシップの機会があれば積極的に参加してみてください。オンラインでは見えない「決め手」がみつかるかもしれません。

 

 ……。そうそう。最後に宣伝を。読売新聞東京本社では6月以降、リアル・オンライン両方のイベントを開催します。会場で私のことを見かけたら気軽にお声掛けください。みなさんが「決め手」をみつけられるよう、お手伝いさせていただきます。

石川 剛
2000年入社。山形支局、東京本社社会部、東北総局を経て19年9月から現職。20年間の記者生活では東京都や復興庁を担当。やせてみえるが、つゆダク牛丼や飲み会後のラーメンが好物。最近は、高校生の娘と中学生の息子の将来に頭を痛めている。

<就活会員募集中>

 読売新聞オンラインの就活会員になると、ほぼすべての記事が半年間、無料で閲覧できます。登録は こちら から。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2149563 0 就活コラム 2021/06/23 16:44:00 2021/06/25 16:59:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210625-OYT8I50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)