インターンシップ選考 受かるES・受からないES/越前谷知子・読売新聞東京本社採用デスク

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「就活コラム」は、ブンナビ×読売新聞 就活会員事務局が配信している「読売新聞 就活メルマガ」から、就活の最新事情に詳しい人事部や教育部、経済部などの記者が書き下ろしたコラムを採録しています。

 年々、インターンシップとして、就業体験の場を学生に提供する企業が増えています。就活会員の読者の皆さんのなかには、すでにいくつもインターンに参加した方もいれば、エントリーシート(ES)を何度出しても書類選考で落ちてしまうという方もいるでしょう。

 選考を通るためには、企業がなぜインターンシップを行うかを考える必要があります。広く人材を育てたい、学ぶ場を提供したいという目的はもちろんあります。でも、少し名が通った企業なら何百、何千人もの応募が殺到し、全員は受け入れられません。そして、インターンシップはかなりの人的、金銭的コストがかかるもの。であれば企業としては、自社を志望する学生さんに仕事の理解を深めて(入社後のミスマッチが起こらないようにして)もらいたい。または、自社の仕事に向いている学生さんに志望を強めてもらいたい。この二つの観点に見合う学生を選びたいというのが大半の企業の本音です。

 つまり、「熱意や志望度」と「適性」の2点が採用担当に伝わるESが「受かる」のです。

 ここで、良い例を挙げることはあえてしません。というのは、インターネット上にあるESの具体例をそのままなぞって応募する例があとを絶たないからです。丸写しでは、逆に「受からないES」になりうるということは覚えていてよいでしょう。ネットには、過去の内定者が書いたESを閲覧できる場がたくさんあります。参考にするのは良いけれど、各社の採用担当は膨大な量のESと毎年格闘するのです。「どこかで読んだようなES」はすぐ分かりますし、かえって応募する学生さんの姿が見えづらくなります。

 では、「受からないES」の例をご説明したいと思います。

 まずは熱意や志望度という面から言うと、先ほどもお伝えしたように「どこかで読んだES」ではあなたの熱意が伝わりません。採用サイトなどに掲載された言葉そのままを書きつらねるのも避けた方がよいでしょう。自分の言葉で書く、ということをまずは意識してください。やたらと四字熟語が並んでいたら要注意。自分の中で消化せずに企業の宣伝文句をそのまま書いている、と受け取られる恐れがあります。

 また、企業は適性のあるなしを判断したいので、あなた自身のことが伝わらないESは評価が下がります。「ラグビー部で主将を務めた」「留学を何か国もした」「サークル責任者で新入生を○○人勧誘できた」。皆さんから寄せられるESによく見られる記述です。全国に部活の主将やサークルの責任者、留学経験者がいったい何人いるかを考えたら、もうお分かりですね。「ラグビー部で主将を務め、リーダーシップを発揮した」だけでは物足りない。あなたらしさが伝わらないのです。リーダーシップをどう発揮したのか、あなただから出来たことは何か、あなたならではのリーダーとは何か、そこまで考えてESに表現してほしい。

 そういう意味では、学生時代までに何か役職についたとか賞を取ったとか、特別なことがなくても心配する必要はありません。あなたらしさが分かる経験をESに盛り込んでください。さらに言えば、「だから自分には、このインターンシップに必要な適性がある」とアピール出来れば合格点です。

 それでも、書類が通らないことはあると思います。もしそうなったら、本選考までに何が不足していたかを考え直すのもよいでしょう。でも、もしかすると、この企業とは相性が合わないのかもしれないと考えてみるチャンスなのかもしれません。就活を恋愛やお見合いに例える話を皆さんも耳にしたことがあるでしょう。企業に対して応募する学生が圧倒的多数であることを考えれば、必ずしもイコールではないけれど、就活と恋愛やお見合いとの共通点は「ご縁」だと思うのです。たまたまその年に企業が求める人材と自分はマッチしなかっただけかもしれないし、相性が合わないことに気づかず入社したら、かえって苦しんでいたかもしれない。書類選考がなかなか通らなくても、前向きに受け止めて就活戦線を乗り切ってほしい。そんなふうに思いながら、きょうもたくさんのESを読ませていただいています。

プロフィル
越前谷 知子( えちぜんや・ともこ
 1996年読売新聞に入社。宇都宮支局、東京本社経済部などを経て2020年6月から現職。ニューヨークには子連れ特派員として3年間駐在した。その子供も今春から大学生。インターンシップに訪れる皆さんもつい母親目線で見てしまいます。

就活会員募集中

 読売新聞オンラインの就活会員になると、ほぼすべての記事が半年間、無料で閲覧できます。登録は こちら から。

スクラップは会員限定です

使い方
「教育・受験・就活」の最新記事一覧
2626932 0 就活コラム 2021/12/24 16:31:00 2022/03/22 15:53:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211221-OYT8I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)