文字サイズ
    「生協の白石さん」として知られる大学生協職員が、大学生活全般についてアドバイスします。

    運転免許取得への道案内

    • イラスト・池田亮
      イラスト・池田亮

     日によっては涼しいと思いきや、夏の猛暑を彷彿ほうふつとさせる日があるなど、学期の変わり目は季節の変わり目でもありますね。皆さま、くれぐれも健やかな体調管理を心掛けてください。

     大学生協では、そんな四季の移ろいにかかわらず、年間を通して運転免許取得の勧めを発信しております。学生のうちならば教習代金が安価となるなど、生協の事業として取り扱うゆえの広報活動ですが、単純にお店の売り上げにつながる宣伝というわけでもありません。

     国の統計を基にした大学生協のまとめによると、20~24歳の普通運転免許保有率は男子で8割、女子も7割を超え、大学生の年齢で免許を取得されている方が多いことを示しています。

     「免許は就職して社会に出てから取ろう」と思っても、なかなかその時間が確保できないのが現実です。「車を運転するつもりは今後もない」との決断もこれまた良しかと思われます。

     ただ、いずれは免許を取りたい、必要な場合もある、などとお考えの方は、学生である今が、まさに岐路です。右に行くか左に行くか、人生もまた、運転のようなものかと存じます。

     迷われているようであれば、各大学生協の窓口をナビゲーションとしてご活用くださいませ。複数の経路選択から最適なルートをご案内いたします。(白石昌則・東洋大生協白山店長)

    2018年10月02日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun