文字サイズ
    「生協の白石さん」として知られる大学生協職員が、大学生活全般についてアドバイスします。

    学生の感性生かし新商品

    • イラスト・池田亮
      イラスト・池田亮

     大学生協で販売するパンの新商品のアイデアを学生から公募し、最優秀作品を商品化して発売するプロジェクトが今年、行われました。

     私が勤務する東洋大の学生さんからも多くのアイデアが寄せられました。応募用紙をお預かりする際、事細かにイラスト付きで描かれたパンのアイデアが、目に飛び込んできました。

     本気で最優秀を狙っているなと感じる内容も含まれ、私も思わず「これ、良いですね」などと、感想を述べてしまうこともしばしばありました。応募した学生は「自分が食べたいパンを書きましたから」と説明し、真剣に取り組んでくれていることをうれしく思ったものです。

     最優秀に選ばれたのは、首都大学東京の学生さんが考案した「超チョコチップメロンパン」でした。ココア入りの生地にたくさんチョコチップがまぶされたメロンパンで、中にチョコレートクリームも入った、まさにチョコ尽くしのこだわりの一品です。本人は試作品もつくっていたようで、パンにチョコレートクリームを注入する作業などは貴重な体験だったでしょう。

     商品として発売後の人気は上々で、東洋大生協でもパンのカテゴリーで堂々の1位となりました。学生のみずみずしい感性のたまものであると感謝感心しきりです。(白石昌則・東洋大生協白山店長)

    2018年12月04日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun