文字サイズ
    就活生に向けたメッセージを語る著名人の色紙などを、抽選で大学生にプレゼントします。
    これから社会に出るあなたへ

    やりたいことやろう アパレルショップ店員・タレント ぺえさん

    • 1992年、山形市生まれ。仙台大学体育学部卒業後、2015年春から東京・原宿の竹下通りにあるアパレルショップの店員を務める。辛口だが本音の接客が人気を呼ぶ。16年からはタレント活動も本格的に始めた。「ぺえ」は本名の慎平(しんぺい)から名付けた。
      1992年、山形市生まれ。仙台大学体育学部卒業後、2015年春から東京・原宿の竹下通りにあるアパレルショップの店員を務める。辛口だが本音の接客が人気を呼ぶ。16年からはタレント活動も本格的に始めた。「ぺえ」は本名の慎平(しんぺい)から名付けた。

     読売新聞の朝刊「就活ON!」(通常は毎週火曜日掲載)は、月1回、3ページの拡大版「就活ON! SPECIAL」を掲載しています。

     1月のトップページのインタビューには、東京・原宿のアパレルショップ店員でタレントのぺえさんが登場。ぺえさんは、店を訪れる若者たちに慕われ、「原宿の母」と呼ばれています。若者の相談に応じるテレビ番組にも出演しています。

     インタビューでは、大学4年生で将来の進路に悩んだとき、自分の興味に初めて正面から向き合い、今の道に至った経緯を語りました。「本当にやりたいことにしか全力は注げない」などとメッセージを送ってくれたほか、就活の不安や疑問にも答えてもらいました。

     また、見開き面では、就職活動の流れがわかるユニークな「すごろく」を掲載。就活の用語解説や、専門家のアドバイスを交えるなど、これから本格的に就活を始める大学3年生らに役立つ紙面になっています。(読売新聞1月10日朝刊に掲載)

    「就活ON! SPECIAL」新聞、学生に無料配布

     拡大版は掲載月の中旬ごろから、一部の大学のキャリアセンターや大学生協で、在学生に配布します。自分の大学で配布されていない場合は、就活取材班(shu-on@yomiuri.com)までご連絡ください。また、ツイッターフェイスブックの「読売新聞 就活ON!」では、紙面以外の情報も発信しています。ぜひご登録ください。

    2018年01月17日 05時23分 Copyright © The Yomiuri Shimbun