甘くないけど楽しい…飴細工職人 手塚新理さん

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

てづか・しんり 1989年、千葉県生まれ。木更津工業高等専門学校卒。全国各地で飴細工の実演や体験教室、オーダーメイドなどを手がける。2013年、東京都台東区に工房兼店舗「浅草 飴細工 アメシン」を設立。15年に東京スカイツリーに隣接する商業施設「東京ソラマチ」に出店した。現在は本社と2店舗を運営する。
てづか・しんり 1989年、千葉県生まれ。木更津工業高等専門学校卒。全国各地で飴細工の実演や体験教室、オーダーメイドなどを手がける。2013年、東京都台東区に工房兼店舗「浅草 飴細工 アメシン」を設立。15年に東京スカイツリーに隣接する商業施設「東京ソラマチ」に出店した。現在は本社と2店舗を運営する。
愛用のはさみは、兵庫県の職人が作る「播州刃物」の特注品だ
愛用のはさみは、兵庫県の職人が作る「播州刃物」の特注品だ

 大学生の就職活動を応援する読売新聞の朝刊「就活ON!」(毎週火曜掲載)は、第1火曜日に3ページの拡大版「就活ON! SPECIAL」を掲載しています。

 12月のトップページでは、(あめ)細工職人の手塚新理さんにインタビューしました。高等専門学校の機械工学科出身の手塚さんは、小さいころからものづくりが好きでした。当初は花火師を目指しましたが、その後、金魚やうちわなど、「和」の趣がある芸術作品のような飴細工を独学で作るようになります。飴細工職人になるまでの経緯や、仕事への思いを語った手塚さんは、「自分にしかできないことを考えて」と学生にメッセージを送ってくれました。

 また、見開き面では、「ギャップに気づこう」と題し、面接などでアピールする自分の強みを見つける自己分析の方法を紹介しました。自分の性格を他人の指摘も交えて4分類すると、自分では長所だと思っていた点を、他人が違うと考えていることなどがわかります。知られざる自分が見つかれば、それをアピール点として生かすこともできます。親しい仲間と手軽に取り組めますので、ぜひお読みください。(読売新聞12月4日朝刊に掲載)

「就活ON! SPECIAL」新聞、学生に無料配布

 拡大版は掲載月の中旬以降に、一部の大学のキャリアセンター(就職課)や大学生協で、在学生に配布します。自分の大学で配布されていない場合は、就活取材班(shu-on@yomiuri.com)までご連絡ください。また、ツイッターフェイスブックの「読売新聞 就活ON!」では、紙面以外の情報も発信しています。ぜひご登録ください。

 

 学生のみなさんへのプレゼントのお知らせは、こちら

52589 0 就活スペシャル 2018/12/11 05:22:00 2018/12/11 05:22:00 2018/12/11 05:22:00 一番人気の金魚のあめ細工を手に、職人になった理由を語る手塚新理さん(9日、墨田区の東京スカイツリータウンの「アメシンで)=奥西義和撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181204-OYT8I50007-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ