再配達 スマホで気軽に

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ヤマト運輸  三谷良美さん 28

 好きな場所や時間帯に荷物を受け取れるよう設定したり、集荷の依頼ができたりするウェブ上のサービスを担当しています。どんな機能があれば便利か、どう操作したら使いやすいかを常に考えています。

 最近は、ネット通販などを利用する若者が増え、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を活用したお届け日時の変更や再配達の依頼にも応じています。

 LINEでは「ネコ語」でやりとりもできます。例えば「再配達してほしいにゃ」と入力すると、「お荷物の送り状番号を入力してくださいにゃ」といった具合に返信します。気軽に問い合わせできると、再配達の削減にもつながります。コミュニケーションを取りながら、サービス向上につなげたいと思います。

プロフィル
 一橋大商学部卒。2013年入社。東京の支店や本社勤務、出向先のIT大手のウェブ広告担当などを経て17年春からリテール営業部。

宅配業界のいま

 ネット通販の拡大を背景にドライバーの人手不足が深刻だ。基本運賃の値上げなどで採算の改善につなげる動きが相次ぐほか、人工知能(AI)や自動運転の活用で効率化を目指している。

22160 0 就活スペシャル 2019/01/15 05:21:00 2019/01/21 13:06:18 2019/01/21 13:06:18 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190108-OYT8I50006-T.jpg?type=thumbnail

ニュースランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ