インターンシップの選び方

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

イラスト・武居智子
イラスト・武居智子

 夏休みに企業が行うインターンシップ(就業体験)。すでに参加の申し込みをした学生も多いでしょう。まだ検討中で「どんなプログラムに参加すべきか」と悩む学生もいるでしょう。

 インターンシップは、「実施日数」、「参加人数を絞る選考があるかどうか」、「その会社に就職したいかどうか」の三つの視点で選んでほしいです。

 最近のインターンは、半日~1日のワンデータイプが主流です。会社説明会のようなインターンも散見されますが、短期間でも仕事体験ができ、組織風土なども伝わるタイプも多く登場しており、学生にとっては気軽に参加でき、夏休みの予定とも両立しやすいでしょう。

 これに対し、長期間のインターンは、会社を内側から見ることができる貴重な機会になり、仕事の適性を判断できる点でもおすすめです。

 一方、人気企業の多くは、参加人数を絞るため書類や面接による選考を行っています。本番に近い形の選考を今から受けられるので、合否にかかわらずトライする価値があります。

 最後に、インターンへの参加と、その会社を志望するかどうかは別だと考えてください。興味がない会社のインターンに参加したほうが、かえって志望先が広がったり、明確になったりすることもあります。

31519 0 内定ロード 2018/07/17 05:20:00 2018/07/17 05:20:00 2018/07/17 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180710-OYT8I50039-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ