意味あるインターンにする

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

イラスト・武居智子
イラスト・武居智子

 前回(7月10日)の本欄でインターンシップ(就業体験)の選び方を説明しました。今回はインターンシップにどう臨むかを考えます。

 先日、私が勤める大学で講演した企業の人事担当者は、今のインターンは社員との交流が少なく、仕事が体験できないものもあり、「行くなら意味のあるインターンに参加してほしい」と話していました。「意味のあるインターン」には私も賛成です。ただ、内容にかかわらず、参加した学生自身が「インターンを意味のあるものにする」視点も大切だと思います。

 例えば、プログラムの予定に沿って、「今日はグループディスカッションの司会をする」「手元のメモを見ずに参加者を見て発表する」など、自分が伸ばしたい力を意識して臨めば、就職活動本番の練習にもなるでしょう。

 期間中は社員に積極的に質問すると、その会社への理解が深まります。参加した他大生とあとで連絡を取り合えるようにしておくと、知らない情報や気付きが得られることがあります。

 終了後は必ず振り返りをし、自分の強み、弱み、その業界・企業・職種への適性などを考えてください。「目標設定」「社員や他大生との接点づくり」「振り返り」。この3点がインターンシップを自ら意味のあるものにするポイントです。

34615 0 内定ロード 2018/08/07 05:20:00 2018/08/07 05:20:00 2018/08/07 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180731-OYT8I50003-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ