いま一度 自分を見つめて

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

イラスト・武居智子
イラスト・武居智子

 10月は多くの企業で内定式が行われます。社会人生活に向けた期待や不安、残りの学生生活をどう過ごすかなどで頭がいっぱいでしょう。

 この時期におすすめしたいのが、今一度、業界・企業研究、自己分析に取り組むことです。

 就職活動のスタート時と現在では、仕事に対する考え方が変わっているかもしれません。業界や会社より社員にひかれて就職先を選んだ人もいるでしょう。それ自体が間違ったことではありませんが、改めて業界全体を俯瞰ふかんし、自分の就職先はどんなポジションにあるのか、強みや弱みについて理解を深めてください。

 また、自己分析では、その会社で仕事をする上で、自分が得意なこと、苦手なことを考えましょう。仕事のスキルだけでなく、会社の風土に合うかどうかを考えることも必要です。

 再度の自己分析などで「この会社に就職すべきではないのでは?」と思う人がいるかもしれません。そんなときは、大学のキャリアセンターに相談しましょう。最近は企業も「内定者フォロー」に力を入れており、人事に相談するのも手です。自分の話を聞き、アドバイスしてくれる社員を紹介されるかもしれません。

 入社する意味を問い直すことは、納得のある社会人生活を送る意味で非常に重要だと思います。

41191 0 内定ロード 2018/09/25 05:20:00 2018/09/25 05:20:00 2018/09/25 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180918-OYT8I50012-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ