文字サイズ
    就活全般について、人材コンサルタントがアドバイスします。

    まず希望の20社選び、調査

    • イラスト・武居智子
      イラスト・武居智子

     私が勤める大学の教え子の3年生たちに、「就職活動で自分が応募してみたい会社」を20社、リストアップしてもらいました。

     企業の情報を集めた業界研究用の書籍などで調べながら、記入用のシートに正式な社名と、志望理由を最低1行書きます。

     この過程で、学生たちは自分がいかに企業のことを「知らない」かに気付きます。商品やサービスになじみはあっても会社名を知らない学生や、「株式会社」の表記が社名の前か後ろにあることを知らない学生もいました。

     リストアップした20社については、業界や組織風土などの共通点を整理します。さらに、大学のキャリアセンターのデータや、各社の採用情報などから、先輩の採用実績があるかどうかも調べます。その上で、「自分が内定する可能性がある」と思う5社に絞って、その企業の魅力や、自分に合っていると思う理由を挙げてもらいました。

     これらの作業で書き出した内容は、自分の就職先を選ぶ上で重視したいポイントになるものです。同じ大学の仲間で共有すると、数十社分のリストになります。

     今の時点でここまでやっておけば、年明けからの動きが楽になるでしょう。ぜひ取り組んでみてください。

    2018年11月27日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    プロフィル
    常見陽平  (つねみ・ようへい
     千葉商科大専任講師、人材コンサルタント、著述家。リクルートから玩具メーカーに転じ、新卒採用を担当。独立後はコンサルタント活動の一方、キャリア関連の著書を多数執筆。企業の本音などをまじえながら、就活生に総合的なアドバイスを送る。