胸を張って再スタート

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

イラスト・藍原真由
イラスト・藍原真由

 7月後半になり、就職活動が一段落した人がいる中で、まだ頑張っている4年生もいます。

 S子さんもその一人。まだ内定がなく、面接で落ち続けていますが、「何がいけないのかわからない」と相談に来ました。

 話す様子は少しうつむき加減で、自信がなさそうでした。無理もありません。半年以上も頑張ってきたのに結果が出ないのですから。

 就職情報会社の調査では、夏以降も就活を続ける学生は、昨年、約3割いました。

 彼女も自分に合う企業に巡り合っていないだけでしょう。志望先を検討し直し、これから応募できる企業を探すことになりました。

 気持ちを入れ替えた再スタートの意味で、面接の第一印象を良くすることも考えました。

 まずは立ち姿です。しっかりと胸を張って姿勢よく立つだけで、印象は変わります。内股をやめ、両かかとをつけます。

 姿勢を矯正する練習として、壁にかかと、お尻、背中、肩、後頭部をつけて立ち、壁がなくてもその姿勢を維持できるよう練習します。

 次は座ってからの姿勢です。立ち姿と同じく肩を引き、背筋を伸ばして座り、それをキープします。目を伏せず、面接官をまっすぐ見て笑顔で話しましょう。それだけで信頼感ある印象になりますよ。

33617 0 上田晶美の新・女子ナビ 2018/07/31 05:20:00 2018/07/31 05:20:00 2018/07/31 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180724-OYT8I50001-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ