学年で変わる「選ぶ基準」

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

イラスト・藍原真由
イラスト・藍原真由

 講師を務める大学で、1~3年生に「どんな会社に入りたい?」と聞いてみました。

 1年の女子からは、「アットホームな会社です」という答えが返ってきました。「みんなが仲良くて、上司が優しくて、和気あいあいとした会社がいいです」と言います。まずは人間関係に着目するのですね。

 一方、2年女子の回答は、「福利厚生が充実した会社」でした。「給与」でなく、それ以外のものを指す「福利厚生」というところが不思議ですが、給与は「言わずもがな」というところでしょうか。人間関係だけでなく、条件面も気になってくるようです。

 そして、3年女子は「福祉の勉強をしているので、その道に進むつもりです」と答えました。この夏にインターンシップ(就業体験)に参加しようと考えると、「アットホーム」や「福利厚生」だけでは、会社を選べないとわかってくるのでしょうね。

 学年で会社選びの傾向が異なり、面白い結果でした。私も、学生の成長を支援して就職に結びつけていく道筋が見えた気がしました。

 皆さんは、どんな会社に入りたいと思っていますか? 友だちと話してみませんか? さまざまな希望や条件を持つ人がいてきっと考えさせられますよ。

36766 0 上田晶美の新・女子ナビ 2018/08/21 05:20:00 2018/08/21 05:20:00 2018/08/21 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180814-OYT8I50001-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ