文字サイズ

    歴史・文化財

    京都市が西郷菊次郎へ特別感謝状、孫の隆文さんに贈呈

    • 門川市長(左)から特別感謝状を受け取った隆文さん。写真は祖父の菊次郎(京都市で)
      門川市長(左)から特別感謝状を受け取った隆文さん。写真は祖父の菊次郎(京都市で)

     京都市の門川大作市長は、西郷隆盛の長男で第2代市長として都市基盤を整備した西郷菊次郎(1861~1928年)への特別感謝状を、菊次郎の孫で陶芸家の西郷隆文さん(70)(鹿児島県日置市)に贈った。

     隆文さんが京都市で開催される行事への出席に合わせて市役所を訪問することになり、門川市長が感謝状の贈呈を決めた。

     第26代市長の門川市長は、「第二琵琶湖疏水そすい」の開削や市電敷設などに取り組んだ菊次郎について、「京都の近代化に多大な貢献をした」と感謝を表明。隆文さんは「じいさまは『当たり前のことをした』と思っているかもしれないが、評価してもらい、感謝している。墓前に報告します」と語った。

     菊次郎は隆盛が奄美大島で出会った2番目の妻、愛加那との間に誕生。1904年(明治37年)から7年間、市長を務めた。

    2018年11月22日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ