文字サイズ
    

    伝統・習俗

     

    玉せせり今年は大漁に、筥崎宮で神事

    • 力水を浴びながら玉を奪い合う男たち
      力水を浴びながら玉を奪い合う男たち

     新春恒例の「玉せせり」が3日、福岡市東区の筥崎宮で行われた。締め込み姿の男たち約330人が、触れると幸運を授かるという木製の玉(直径28センチ、重さ8キロ)を奪い合った。

     約600年前に始まったとされる神事。男たちは陸側と浜側に分かれ、末社の玉取恵比須たまとりえびす神社から本殿までの約250メートルで玉を奪い合う。最後に玉を神職に渡すのが陸側なら豊作、浜側なら大漁とされ、今年は浜側が手渡した。

    2019年01月04日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ