文字サイズ

    トレンド

    新キャラしぐまる誕生、福岡県交通安全協がお披露目…東京五輪マスコット制作の谷口さん作

    • 新キャラクター「しぐまる」と谷口さん
      新キャラクター「しぐまる」と谷口さん

     子どもたちを交通事故から守ろうと、福岡県交通安全協会は新しいマスコットキャラクター「しぐまる」を制作し、福岡市・天神で開かれた啓発イベント「横断歩道マナーアップサマーキャンペーン」でお披露目した。

     イベントは同協会や県警などが21日に開いた。「しぐまる」は、車にはねられそうな小学生を助けるために信号機(シグナル)から飛び出した妖精で、大きな耳と目が特徴。おなかには信号機を模したランプがついている。

     デザインは、2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットを制作した同市のイラストレーター・谷口亮さん(43)が手がけた。

     谷口さんは「たくさんの子どもたちに交通マナーの大切さを教えてほしい」と期待を込めた。中央署の松島浩司・交通管理官は「夏休みは外で遊ぶ機会が増える。横断歩道を渡ったり信号を守ったり、基本的なルールをしっかり守ってほしい」と話した。

    2018年07月23日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ