文字サイズ

    トレンド

    くまモン「カブ」披露…ホンダが試作

    • くまモンをイメージしたクロスカブの試作車を前に、意気込みを語る蒲島知事(左から2人目)ら
      くまモンをイメージしたクロスカブの試作車を前に、意気込みを語る蒲島知事(左から2人目)ら

     ホンダは8日、熊本県のPRキャラクター・くまモンをイメージし、黒と赤を基調にしたバイク「クロスカブ」の試作車を発表した。今夏の製品化を目指し、国内で販売する計画だ。

     同社は、バイクの生産拠点である大津町の熊本製作所で開発を進めている。製品化するのは排気量50ccと110ccの2種類で、車体は黒色、車体横のカバーなどは赤色にした。車体のヘッドライト近くには、くまモンのエンブレムをあしらった。

     県庁で行われたお披露目式で、同社の鈴木哲夫・執行役員は「熊本地震からの復旧、復興のシンボルになることを祈っている」とあいさつ。蒲島知事は「世界のくまモンとカブがコラボレーションし、より一層愛されることが望みだ」と語った。

    2019年01月11日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ